INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

電子書籍は小回りが利いて、過去記事のまとめも作りやすい・・・と、堀江ガンツさんがアップを始めました

昨日のtwitterで、kamiproライター・インタビュアーの堀江ガンツ氏が、水道橋博士が100円という低価格で出した「藝人春秋」を読んで、電子書籍の可能性にあらためて興味を持った。

horie_gantz 堀江ガンツ
水道橋博士電子書籍『藝人春秋』読了。まさに名著『お笑い男の星座』ふたたび。当然、面白い。しかもたった100円。これ読んで、こと短編に関しては、紙から電子書籍への流れは止められないな、と思った。
ryokyreia ギャラガ
いい情報ありがとうございます!「藝人春秋」早速購入します!ガンツさんも電子書籍で寝かせてるネタを発表してみてはどうですか?かなり期待してますよ。
s_hakase 水道橋博士
重要なのは過去のアーカイブも可能なことだよ
horie_gantz 堀江ガンツ
なるほど。単行本化のハードルが大幅に下がるわけですね。
gryphonjapan
例えば金原弘光「金ちゃんのどこまでやるの?」全話収録電子書籍あれば、少なくとも自分は欲しい。膨大なkamiproBNの記事って権利はどうなってるか分かりませんが、まとまれば色々できそう。堀江氏のリングスロシアインタビュー集なんてのも。
horie_gantz 堀江ガンツ
検討します!
ryphonjapan
電子書籍『雪に狼吼ゆ〜堀江ガンツが見たロシアMMA』】ハンからノゲイラへの伝言/ハン激白「私は前田の兵隊だ」/コピロフ「サンビストにOFGは不要」/パコージン「コマンドサンボの秘密?知ったら君は帰れないぞ」等、定価150円(あればいいなっ!の妄想です)
horie_gantz 堀江ガンツ
自分でも読み返したいw リングス審議委員長の堀米奉文さんやビクトル古賀先生もいいな。
watanabeshigeru 渡邊 茂
即買いします!
6pack365 Kwick Kick Lee
タイトルだけで萌える

あっ、失敗した。togetterにすれば良かった。

実はぼくは、こういうことを昨日今日考えたわけじゃない。
以前から書いている、再掲載しよう
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20101112/p1

kamipro「金ちゃんのどこまでやるの?」が50回を突破。これをまとめて電子書籍にできないかしら?
 
これはジャスト50回のときに書きたかったんだけど、いい機会なのでここで。kamiproは携帯サイトなども含めて金原にコラムを長年書かせていて、さらにインタビューや対談ホストも多数だが、ほぼ100%が読み物としてすっごく面白い。格闘家の名文家、名語り手というと高阪剛郷野聡寛はすぐに名前が挙がるが、実はこっちの分野でも金原は実力に見合った評価をされていない不遇な面がある(笑)。
いや、鉄板の持ちネタ「Uインターの道場生残酷話」「宮戸、中野、安生先輩」「田村潔司」などもあるしさ、そして所英男エイブル・カラム戦勝利に導いたときのコーチとしての分析も、抜群の知将ぶりで、なぜテレビ解説のオファーが来ないのかわからないぐらいだった。
 
そういう点で「金原の本が読みたい!」と言えば簡単なのだが、セールス的な問題があることはさすがに承知している(笑)。…で、そこで浮上するのが電子書籍だと。
作り直さなくてもいいから、今までのkamipro「金ちゃんのどこまでやるの?」をそのまま並べて、プラス過去のインタビューや対談・鼎談をまとめると、300円ぐらいで販売できる電子書籍がすぐできるんじゃないかなあ…と思う次第。毎月半ページの連載とはいえ、51回ぶんとなればちょっとしたもんですしね。少なくとも自分は、バックナンバーのkamiproもあるけれどもあらためてほしいねっ。(後略)

もうひとつ
■「てれびのスキマ」「はてなテレビの土踏まず」が電子書籍
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100810/p3
でも、こんなことを考えました

人気ブログが電子書籍化する…というのは、その発展系としてブログの「過去アーカイブ傑作選」をみんなに読んでもらう時に非常によろしい手段なのではないか。

これはこの後発展して、ちょっとしたブログなら皆みながトップページに「自分の電子書籍」ダウンロードのURLをおき、ある程度読んだ人がさらに深いファンになることを後押しするかもしれない。
(略)
例えば私だったら・・・今本人とネット上で連絡を取れるわけじゃないんだけど、「ひねリン」の記事を
http://hinerin.blogspot.com/
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/kansenki/
から編集、再構成して電子書籍にしてみたいとか強く思うね。
いや、もう無断でやっちゃおうかな。

「日曜電子書籍編集」できるかな?フリーソフトは?

書いたら実際にそういうの作りたくなってきたなあ。
電子書籍 フリーソフト」で検索したらこんなんでてきたけど、何が一番いいんかねー。皆さんのおすすめは
http://weba03.blog96.fc2.com/blog-entry-991.html