INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

内閣不信任案と、憲政の常道あれこれ

首班指名はどーする

解散総選挙がある時はまた別。選挙に判断を任せればよい。
首班指名の場合はどうかね。民主党在籍のまま、現与党と造反組が両方首班指名に立つのだろうか。そんなの政党政治でも何でもない、というところだが、一度自民党がやっている(笑)。
(40日抗争で、福田赳夫大平正芳の両方が立った)その後、負けた側も離党もせずにもとの鞘に収まったな。その大平も、造反派が欠席して不信任案が可決される「ハプニング解散」の中で急死した。
 

参院)議長が首相退陣を口にするのはいいか悪いか

西岡武夫の発言ですな。
憲法、法律上の規定はどこにも無いのだが、立法と行政の間の壁を慣習によって分ける理念上、やはり無茶な発言、失言であったといえるだろう。
特に参院首班指名に関して、衆議院の優越を認めている…という点も大きい。とはいえ、規定が無いなら言うことを妨げるものも無いわけで、こういう議会政治の「揺らぎ」がおもしろい
 

「首相が代わった時は民意の洗礼が必要で、総選挙が必須だ」とかつて言われていた

安倍晋三福田康夫麻生太郎と代わった時に、そう言ってたよなあ?某さん、某紙。それとも今回は震災という「例外状況」の中で、その原理原則はどっかに置いとくってことかな。
 

本来だったら「脱原発」と「原発推進(維持)」で選挙をするのが分かりやすかったか

脱原発を打ち出せば選挙に勝てそうだから、だれかが後先考えずに飛びつくんとちゃうか」と思ったけど、そうでもないですね。
 

脱原発のワンイッシュー政党が生まれれば、それが次回選挙では台風の目になるかと

思ったのですが、もしここで解散したらさすがに間に合わないか。
カネ?
そんなの孫正義にスポンサーになってもらえばいい。