INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日の「愛川欽也パックイン」が、田岡俊次独演会にならない訳があろうか(哨戒艦撃沈問題)

http://asahi-newstar.com/web/01_packin_journal/?cat=18

5/22(土) 岡田外相発言に中国の反応…その中身は

<コメンテーター>
田岡俊次朝日ニュースターコメンテーター)
内田 誠(ジャーナリスト)
二木啓孝(ジャーナリスト)
下村満子(ジャーナリスト)
横尾和博(社会評論家)  

<項目>
(2)韓国哨戒艦爆発は北朝鮮の魚雷…それで
  韓国の柳明桓外交通商相は19日の講演で、3月末に起きた韓国哨戒艦の沈没原因が魚雷であると明言しました。国際軍民合同調査団は20日の最終報告書に「北朝鮮による攻撃」と明記する方向で調整しています。柳外相は調査団の結論として「魚雷による強い水中爆発が、韓国の軍艦を真っ二つにして沈めた」と語りました。そのうえで「政府は断固たる方法で適切な措置をとる」としました。韓国政府は英、米、豪、スウェーデン4カ国も参加する調査団が「北朝鮮の攻撃」を明記すれば、国連安全保障理事会などで北朝鮮への制裁を求める有力な根拠になると期待しています。数日後に予定されている李明博大統領の対国民談話の発表後、対北朝鮮協力事業の縮小など独自の対抗策も発表する方針です。(朝日19日夕刊1面)

わたしはこの「愛川欽也パックインジャーナル」リアルタイムでは見られないと思う(録画はする)が、注目を。