INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

日本のイージス艦は、潜水艦に”撃沈”されたらしい(大石英司メルマガより)

上とこれはhttp://d.hatena.ne.jp/zero2infinity/経由で知った。


http://www.melma.com/backnumber_173916_4225898/
(補足:既に登録している「代替空港」ブログでも同じ記事ありました。
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2008/09/post-2ca8.html

▲▽イージス艦敗れたり▽▲
(略)
※ 国籍不明の潜水艦が領海侵犯 高知県
http://www.asahi.com/politics/update/0914/TKY200809140125.html

>あたごの乗組員が約1キロ離れた海面に潜水艦の潜望鏡らしきものを目視で発見し


ぼけてんのか!? お前ら。艦長はまた首だ!

 これは発見じゃないだろう。事実上のキル宣言じゃん。平時に潜水艦が、敵水上艦の目前で潜望鏡を上げるというのは、勝利宣言ですからね。お前を発見追尾して攻撃可能距離内まで接近してやったぞ、という勝利宣言。もう短魚雷の射程どころか、軽機関銃の射程内まで入り込まれて、何が「潜望鏡を発見しますた!」だよ。


へー、そういう”ルール”があるのか。
この潜水艦も将来独立国家でも宣言するのかな。

あ、それから大石氏もこの前の漁船沈没、潜水艦衝突説に立っているようですね。しかも第一容疑者は米軍説。

…こうなると、6月の漁船の転覆沈没事故。現状では、アメリカ海軍の可能性が高いんだけど、ロシアのみならず、中国も容疑者のリストに加える必要が出てきますよね。

ブログ版のコメントにも気になる話が

>潜水艦〜
 お隣の御家事情を注視しているときに、これまた面倒な……
 仮に報道されている通りのシチュエーションなら、進退伺いの将官が何人もいますね。にしても、カバーストーリー臭いなぁ(笑)
 この件で行警命がでなかったのは、高度な政治的判断ってやつだと思います。ていうか、出すつもりは全く無かったんでしょう。初期段階でどっかから漏れなければ、そのまま有耶無耶だったと思いますよ。 
 今、官邸と市ヶ谷台との間は完全に機能不全に陥っていますからねぇ。いくら政権発足当初から足引っ張られて根に持っていっても、会議くらい顔出してほしいですよ。他の会合には顔出してるんですから。

投稿: 名無し二等空士 | 2008.09.15 12:55



ベタ凪の海面ならいざ知らず、1km先の潜望鏡を発見するのって、見当がついてないと、かなり難しいと思います。偶然ではほとんど無理でしょう。まだ遠いとはいえ、台風も近付いていますから。
投稿: | 2008.09.15 16:42


>でもウチの国も潜水艦定数が16隻のままじゃなぁ

日本の潜水艦の主な目的は対潜部隊に対するターゲットサービスですよ。最近の世艦でも話が出てましたが、GA隊が自国の潜水艦に対して何の期待もしてないことは承知の事実。潜水艦増やす位だったら、その分P-1を買いましょう。戦争末期の帝国海軍が実質的に空軍化したように戦域を限定するのであれば、航空機の方が効率的で且つ安上がりです。

>防衛省には「詳細な音紋データ、および行動パターンのデータありがとう。C国潜水艦艦長殿」ぐらいのメッセージを出してほしいですねw

私もその説を支持します。大体、目視で発見なんてのがおかしいですね。かといって、艦載ソナーでこの場所で発見なんて言ったら、バウソナーの SQS-53Cの能力を晒してしまうことになりますしね。恐らく、SOSUS、又は米軍筋から中つ国潜水艦の接近の報が入り、航空部隊とともに警戒していたのではないでしょうか。
1984年に日本海で空母キティホーク旧ソ連のVictorⅠ型潜水艦が衝突するという事故が起こります。これは逆に言うと潜水艦側が空母機動部隊の何重もの対潜バリアをくぐり抜けた、米海軍の大失態となる筈ですが、実際には米海軍側はVictorⅠ型相手に模擬攻撃訓練をやっており、シュミレーション上では15回も撃沈し、かつ衝突も空母側が自艦の一番被害が少ない部分を狙ってわざとぶつけたことが後に明らかとなっています。

投稿: keenedge | 2008.09.15 17:22


自国の軍隊の無謬性を信じたい気持ちはわかりますが、
カバーストーリーもへったくれもなく、
本当に高知沖までの進入とKILL宣言をされてしまった事態を想定すべきでは?
つい最近、某所で「海軍力なら中国に負けないのでは」と某氏に言ってしまったけど、
どうも我々の知らないところで自衛隊の弱体化が進んでいるようですね。
それとも、相手方の潜水艦の性能があがっているのか?
どっちにしても危機的状況だとみたほうが良いでしょう。

#戦争に負けつつあるときには、現実よりも願望が支配的になるそうです。
投稿: スサノオ | 2008.09.15 21:32


失態説のほか「この発表はなんかウソっぽいぞ」説もあるようだ。
とすると、情報隠しではないか、とかその情報隠しは(手の内、哨戒能力を見せないなど)正当化されるのかという話も出てくる?