INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

フランスにおける「ブルカ着用禁止」問題

将来に備え記事をメモ

イスラム女性の顔覆うベール、仏与党が禁止法案 罰金も

2010年1月8日22時17分

 【パリ=飯竹恒一】イスラム教徒の女性が顔をすっぽり覆う「ブルカ」などのベールについて、公共の場での着用を禁止する法案をフランス与党が準備し、「違反すると750ユーロ(約10万円)」との罰金条項が盛り込まれる見通しとなった。仏メディアが与党幹部の発言として7日伝えた。

 法案は、文化的行事の際などを除き、街頭などでの着用も含めて原則禁止としているうえ、着用を強制した者にはさらに重い罰金刑が科される条項も盛り込まれるという。

 ブルカやニカブと呼ばれるこうしたベールはアフガニスタンなどで着用が広がっているが、フランスでは女性抑圧の象徴とみられている。仏国内でも着用の動きがあるため、昨年、国民議会(下院)に調査委員会が発足。サルコジ大統領も「女性の尊厳の問題」として「歓迎されない」と発言していた。

 ただ内務省によると、仏国内でブルカなどを着用しているのは1900人程度で、法律で禁じるほどの数ではないという指摘があるほか、そもそも衣服を規制するのは女性の人権侵害という声もある。最大野党の社会党は法案に反対を表明。国内外のイスラム関係者の反発も招きそうだ。

 政教分離を徹底するフランスでは、2004年に公立学校でのイスラム教のスカーフ着用が禁止されている。

http://www.asahi.com/international/update/0108/TKY201001080106.html

神の法vs.人の法 スカーフ論争からみる西欧とイスラームの断層

神の法vs.人の法 スカーフ論争からみる西欧とイスラームの断層