INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

秋山、会社の社長に08年までの収入をほぼ横領されていた?(秋山自伝から)

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです。ちょっと増補。

2009年04月13日

【メディア / 書籍 /DVD 】 秋山自伝から。マネージメント会社社長の横領について語る < Gryphon
http 秋山自伝「ふたつの魂」
要約<あくまでも秋山サイドの主張です>
・08年に横領の事実がわかった。
・やったのはマネジメント会社の社長になってもらった人。最初は「芸能界やスポーツ界の人と交流できるから、無報酬でいいよ」といってくれたのに…
・収入はすべてこの会社に振り込み、必要分をもらう形だった
・08年に大きな買い物をしよう、両親のための家をつくろうとしたら、相当たまっているはずの貯金がほぼゼロ!この社長が横領していた。秋山の弟子としてデビューを目指していたような立場の子まで財産を掠め取られた。本人を問いただすと、横領も認めている。

・この問題の解決のため、ある大物に相談し、新会社「クラウド秋山事務所」を設立した
【付記】http://www.boutreview.com/2/news/ufc/item_2220.html
によると、 株式会社クラウド秋山道場の代表は川端一成氏。


民事訴訟ではすでに勝利している
・今後、刑事告訴も行う予定
======================

詳細は同書で。

社長は「いつも一緒に入場していた」
そうなので、08年前には入場し、08年のいずれか以降は姿の見えない人でしょう。もしくは民事訴訟の記録でも分かるでしょうし、刑事告訴すれば新聞や週刊誌などにも記事が出るかもしれません。


うーむ「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」がちょっと遅すぎたのか(笑)。
でも、秋山の古い入場シーンを見ると「ああこの中に」というあらたな興味が。むかしのマネジメント会社の記録とか、社長名とかは、少なくともネット上にはあまり残っていないみたい。

しかし気の毒な話ではある。
よくボクシング界のヘビー級王者って、取り巻きに財産を奪われて無一文だとかFMWに来ました、とかいう人がたくさんいるじゃないですか。そりゃあ何人かはいるとは思うけど、その比率があまりに多いんと違うか、と思っていましたが、格闘家にもこういう人が出てくるとは。
しっかりした、信用の置ける人に任せる、あるいはしっかり自分で管理する…というのも、いうほどラクじゃないようです。


ところで、秋山のマネージメント新会社クラウドの社長さんというのはかなりの大物で、秋山がいうには「こういう問題が起きたときには無意識のうちに、このかたに相談すると決めていた」というぐらい頼れる人だったそうです。
この人がUFCとの交渉も取り仕切ったということでしょうね。