INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「闘う広報」「高瀬大樹が恐れる男」國保尊弘。この人の経歴って知ってますか?

國保広報の発言。
http://www.kamipro.com/news/?id=1243852780

…石井がDREAMではなく『戦極』を選んだことについては「(石井選手は)柔道という競技から上がってきた選手ですから、我々が常々言っておりました『競技性の追求』という面でもかなり感じるものがあったのではないか」と分析。「(DREAMは)やりたいことが、先日のトーナメントであるなら、やりたいことがまったく違うと思います」と、スーパーハルクトーナメントを一刀両断した。

ふむ。
今は亡き(笑)、榊原氏の全盛期の発言のようではないですか。
ということで命名「タカラッパ」
ところで、戦極旗揚げ以降、写真が載ることが多いのですが、なぜか一見いい人そうに見える。なんだよ一見って。なんだよなぜかって。
だが、一番上の写真はだんだんそれがさ(笑)。
上のように、格闘技的に筋の通らないことと、口にものを入れたまま挨拶されることが大嫌い(※T選手のブログを見よ)



で、広報なんだけど一番前面に出ているね。これはWVR社長からの依頼だそうで、ZSTの上原広報と同様のポジションだ。
世界第二だか、第三位の総合格闘技団体を取り仕切る男である。
詳細はくまページにて。


でさ、この人、格闘技界においては吉田秀彦選手のマネージメントを行うということで知られた人なんだけど、なんで国民的英雄・吉田秀彦選手の信用をそこまで勝ち得たのか。
実はこの人も、♪よるなさわるな國保尊弘・・・とうたわれるような柔道の猛者で、
「おおヒデ、俺がマネージャーやってやろーか?」
「ザス サイ ザス」
みたいな体育界系の人脈があったのだろうか?


それは謎です。わたしは分からない。
ここなら分かるだろうか。
http://kumapage.exblog.jp/3574487/

ふむ、ここから伸びているリンクへ飛ぶ。
http://www.j-rock.jp/
http://www.j-rock.jp/pc/company/index.html

社名:株式会社ジェイロック  J-ROCK Co.,Ltd


役員:代表取締役 國保 尊弘
設立:1997年11月4日 資本金:3,000万円
従業員:35名 平均年齢:27歳


35人も社員がいるなんて、マネージメント会社としてはけっこう大所帯じゃね?
http://www.j-rock.jp/pc/recruit/index.html

・・・私達ジェイロックは、人との繋がりの中から新しいビジネスを創り出している会社です。
ジェイロックの事業の主軸はアスリートやアーティストのマネジメント業務ですが、これらの業務の延長として、道場の運営・スポーツブランドの企画など、人とのコミュニケーションを介しながら無限のビジネスフィールドを開拓しています。

  「与えられた仕事をするだけではなく、自分で考え、失敗を恐れずに新しい事に挑戦する」
これがジェイロックの職場に必要な能力です・・・

なるほど、こういうふうな理念に基づいているからこそ吉田も中村和裕も彼を信頼し、ドンキの安田会長も木下工務店も彼にかませて、いや任せているのだ・・・・ということが分かりました。
いい話で〆られたね。


ま、結局吉田秀彦のマネージ業をやる前の國保氏の経歴が良く分からないことは替わりないのだが、私のブロガーとしての野生の本能が、ここらへんでいいだろうと伝えている。

昔かいたエントリ
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20060125/p1
■吉田道場(J-ROCK)とDSEの力関係について(「ヤミ事件簿」より)

プロレス・K-1・PRIDEヤミ裏事件簿 (OAK MOOK (110))

プロレス・K-1・PRIDEヤミ裏事件簿 (OAK MOOK (110))