INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

海外で、日本超メジャーの漫画がこう受け取られている

時間的にあまりかけない事を利用して、ちょっとした紹介を。海外での日本漫画紹介の二大ブログです。

http://d.hatena.ne.jp/ceena/20080724

08-07-24
■『スラムダンク』いよいよ北米でリリース…?以前に北米で出版された“幻の”『スラムダンク』と新版『スラムダンク』の北米での可能性。

日本での発行部数が1億冊以上を誇る井上雄彦のバスケットボール漫画「スラムダンク」が、いよいよ北米でリリースされることになった。9月2日の一般発売を前に…(略)

上の記事を読むと井上雄彦先生の『スラムダンク』は今回始めて北米で発売される印象を与えるかもしれないが、実は既に北米で出版されている。2003年に単行本としても発売されているし、アメリカで初とも言われた週刊少年マンガ雑誌にも2002年から連載されていた。

残念ながら当時は人気が出ず、単行本も最後まで出なかった・・・・・・

(略)
スポーツが盛んな国とは言え、アメリカではかつて「スポーツマンガは受けない」と言われていた時期が長かった。(当ブログの記事「米PublishersWeekly記事「アメリカで日本のスポーツマンガは人気が出るか」参照。)

しかし今回の『スラムダンク』イベントはNBAスターの後押しもあってメディアの注目は集まるだろう。「スポーツマンガは受けない」*3というジンクスを破ってとうとう井上先生の作品が北米で正当な評価を受ける時が来たか?


私自身はスラムダンクを連載中に読んだことが無く、「ブームになっているなあ」と感じたこともなかったから思い入れ自体は皆無なのだが、その後必要に迫られ全巻読んだら、なるほど確かに大傑作だと十二分に納得させられた。


一回失敗したというのが信じられないけれど、あれもアニメになってたはずだし、再挑戦は確実に成功すると思う。
バガボンド」も英訳されているんだね。
これだって「子連れ狼」なみに成功してもいいはず。
格闘技周辺といえば周辺だから、SAMURAINationでも宣伝してみるかな。



こちらは「となりのトトロ」を外国人はどうみたか。

「ポニョ」は絶対見に行かないだろうおれだが。それでも宮崎駿の作品の四分の一ぐらいは劇場でみたんだろうか。
あ、「紅の豚」と「もののけ姫」だけか。
それはそれとして、シロート的には「やはり無国籍風とか、海外が舞台の作品が受けて、日本が舞台で日本ぽっすぎるっと受けないのでは」と思ったりするのですが(ディズニーはそんなこと絶対考えないのだろうから、やっぱり鹿鳴館的発想なんだろうけど)
紹介サイトは「ややひねって、英国でのAMAZONレビューを翻訳してみた」と書いている。


http://goyaku.seesaa.net/article/103265295.html

・・・でも、トトロの海外評って何かあまりにも捻りがないなと思った
ので、欧州の中ではアニメ不毛の地と言われてる英国のアマゾンを元ネタにして
みました。イギリス人ならではの皮肉の効いた感想が読めるかもと思ったので。
全然そんな事なかったんですけどね。^^;
そんな訳で、今現在48件書き込まれている顧客レビューを数件だけ翻訳してみましたので、興味のある方はどうぞ。



My Neighbour Totoro/Customer Reviews

★★★★★ about time too!
7 Mar 2006
By B. Swainston "dominocat" (UK)

その素晴らしい出来栄えにこの映画は"ハウルの動く城"と"千と千尋の神隠し"の
成功の後に作られたんだろうなと俺は思わされていたよ。私見を述べさせてもらう
と、この"となりのトトロ"こそがミヤザキの最高傑作だ。


★★★★★ The most charming film I have EVER seen!
16 Mar 2007
By S. J. King "zh84" (Scotland)

これはミヤザキもそう言ってるように子供向けの映画です。
でも、私がこれを観たのは36歳の時だったわ。
私はすっかり魅了されて、その当時77歳だった父親にも観せたの。
父もすっかり魅了されて、4歳の孫にも観せるべきだと強く主張してきたわ。



★★★★ Adorable, but less action-packed.
31 Aug 2006
By F. L. Weightman "Rainbow Daydreamer" (United Kingdom)

俺の友達がとなりのトトロをこう評していた。
「何も起こらない映画の中では史上最高の作品」
彼の意見はあながち間違っていないのではと思う。

最後に引用した「何も起こらない映画」というジャンル分けは面白いな。
ほかに何があるだろう・・・・・・、と考えるといくつか思いついたが、まあそれは余談。