INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

朝鮮総連が土地建物を売却

上と関連しているやら、
いないやら。

朝鮮総連が中央本部を売却していた…投資顧問株式会社が購入


 在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)が5月末、東京都千代田区富士見にある中央本部の土地と建物を、東京の投資顧問会社に売却していたことが12日、分かった。投資顧問会社は「ハーベスト投資顧問株式会社」(東京都目黒区)。緒方重威・元公安調査庁長官が代表取締役を務めている。

 登記簿によると、売却されたのは中央本部の土地(約2390平方メートル)と地上10階、地下2階の建物。ハーベストは昨年9月設立。緒方氏は今年4月に代表取締役に就任し、会社も緒方氏の自宅に移っている。

 朝鮮総連は「ノーコメント」、緒方氏も「コメントすることはない」としている。


緒方重威(しげたけ)、キーワードにしました。
さて、これは毎日新聞の見事なスクープでした。登記を見てわかったのかな?その前に関係者からの証言でつかんだのかしら。
どちらにせよ、朝鮮総連という組織が一筋縄ではいかない”闇”を抱えていて、それが権力側にも及んでいることがよく分かったという点ではよかった。
同時に、これは戦術的には総連がうまいことやった、ってことになるのかもしれない(それも分からないんだよね)が、結局戦略的には本丸落城、であります。
朝鮮総連が、カネの部分で追い詰められて倒れるだろうし、そこから攻めていかねばならない、という話は以前からしていた。
【今までの「朝鮮総連」をご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%c4%ab%c1%af%c1%ed%cf%a2


RCCにより破産(下参照)をまぬがれるためのものかもしれないが、全体的には決して悪い方向には進んでいない。
「総連処分」の第一歩か、二歩だ。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2007061355638

朝鮮総連は、経営破たんした在日朝鮮人系の16信用組合から不良債権を引き継いだ整理回収機構から、628億円は総連への貸付金だったとして返済を求めて提訴されている状態だ。


そのため、一部では日本政府と総連との間にある種の交渉が行なわれたのではないか、という見方も出ている


それに緒方重威氏、闇社会にかかわって居直るにはいささか"表の顔"が大きすぎ、きれい過ぎる。公安調査庁といっても基本的にはただの法務官僚だ。「足跡」も表社会に残し過ぎている。
その官僚時代のネットワーク、人脈から圧力を受けることもあるだろうし、何より無遠慮なジャーナリズムが今後彼のあらゆる過去と現在にスポットライトを当てる。
実際にヒューマン・インタレストとしてこの男が何者か、俺だって知りたいもの。
さて、それに耐えられるかしらね。

【参考】朝鮮総連執行部リスト(朝鮮新報5.28より)
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/01/0701j0528-00004.htm

議長 徐萬述
責任副議長 許宗萬
副議長 南昇祐、梁守政、李沂碩、蠔益柱、高徳羽、朴久好

事務総局総局長 李沂碩(兼)
総務局長 鄭泰文
民族圏委員会委員長 蠔益柱(兼)
同副委員長 金尚一、韓貞淑

権利福祉委員会委員長 高徳羽(兼)
同副委員長 陳吉相、邵哲珍

宣伝広報局長 朴久好(兼)
教育局長 梁玉出
経済局長 徐世教
国際統一局長 徐忠彦
財政局長 者冬煥
常任委員 趙孝済
祖国訪問事務所所長 金弘哲
総連中央監査委員会委員長 洪仁欽
[朝鮮新報 2007.5.28]

将来的には、別のリストとして重宝されよう。