【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

中国・唐家セン氏、「一番付き合いにくいのは、南北問わず朝鮮の人だ」と語った(パックインより)

パックイン・ジャーナルからもう一点。
ここには田畑光永氏が本日出演していた。彼は

1960年 TBS(東京放送)入社
1977年 北京支局長
1992年 香港支局長
1995年 神奈川大学教授就任

著書
「中国を知る」(岩波ジュニア新書)
訒小平の遺産」(岩波新書

な人なのだが、そういうわけで中国政府要人にあう機会もあった人である。
その田畑氏が、自身が直接聞いた話として、こういうアピソードを披露している。

もう時効だと思うからいいますけど、こないだ特使としていった唐家センさん。


もうずいぶん昔だけどね、こう、懇談してたときにすごい面白いこと要ったことがあるんですよ、たまたま。
「わたしは外交官としていろんな国の人と付き合ったけれども、
一番付き合いにくいのは、南北を問わず朝鮮だ」っていうんですよ(笑)

あの唐家センが言った事なの。

放送開始後14分の発言。お疑いもしくはようつべにUPしたい向きは、再放送が何回かあるから確認しなさい。
こういう発言では、いわゆる「嫌韓厨」が大喜びするかもしれないが、これは逆に宗主国意識が抜けない中国の傲慢さや、例の「ゲンメイ」でしられる唐家センの失言癖、という文脈で読むべきことかもしれんぞ。

しかし「わたしは・・・と聞いた」という一次証言として田端氏が話したので記録にとどめておく。
しかし、北と中国はともかく、韓国と中国が、外相に「一番付き合いにくい」と言わせるほどもめたことあったかな?