【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

北京冬季五輪、支持か不支持か……政府も難題だが「東京五輪反対」陣営にも大難題!…迫りくる、決断の期限

【北京=三塚聖平】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は25日の記者会見で、北京冬季五輪に関連し、「中国は既に、日本の東京五輪開催を全力で支持した。日本は基本的な信義を持つべきだ」と述べた。日本側で、中国の人権問題を理由に北京五輪に首脳や政府使節団を送らない「外交的ボイコット」を求める声が出ていることを牽制(けんせい)し、開催への支持を求めた形だ。

趙氏は「中日双方には、五輪開催を相互に支持することに関して重要な共通認識がある」

www.sankei.com


親切のふりして何か”恩を売る”と、その後一転して、その借りを返せと法外な要求をする。

「言いたかないけど めんどうみたヨ」じゃ植木等だ。

www.youtube.com



ただまあ、政府としてもたしかに無下にできないし、なんだかんだと言っても岸田文雄総理はずっと「ハト派」として鳴らしてきた。

日本の昭和・平成において「ハト派」とは≒「中国の問題を強く指摘しない、できるかぎり波風を立てない」でございました。……いま何気なく書いたが、あまりに的確な定義過ぎて、自分でちょっと感心した(笑)

実際のところ、自分も北京冬季五輪は普通だったら、「まあ目をつぶって競技開催自体はよしと認める」ぐらいに譲歩したいところだった。たとえば胡錦濤時代ぐらいだったら、と言い換えてもいい。
だが、あんたらが某テニス選手の話やら、香港事態などのように、自分でハードルあげてんじゃん。
m-dojo.hatenadiary.com


ただ、政府や与党のほうは、今回東京オリンピックを実施した流れから、五輪組織委(IOC)や五輪の意義みたいなみたいなものは肯定しているからまだ気楽である。



2020年、2021年において、東京五輪反対を「コロナ禍」それだけに絞って反対した人なら、それは中国の冬季五輪開催には、感染状況を見据えて別の態度をとることも許されよう。

だが五輪の意義自体が終わったとか、コロナ非収束地域からも集まっていくと「変異株展示会」になるとか、IOCは非民主的で、意思決定が不透明で、とても信用できない―――などの基準を基に「東京五輪」を断罪し、反対したならば、北京五輪のマイナス値はたいてい東京五輪のそれを上回るでしょ。また、香港やウイグルをはじめとする各種の問題も、やはり日本とは比較にならない問題があると言っていいかと思う(日本も同じだ、とか主張する人もいるかも、だが。)。



たぶんこういう「懸念」を語る人はたくさん出てくると思うよ、特に東京五輪に反対した人は。

しかし、誰が具体的に、ストレートに、「2022北京冬季五輪」の開催に反対するのか。
或いは開催される同五輪に対して「日本が参加する事」に反対するのか。
いわゆる、バイデン政権が提唱するのかしないのかやや読めない「競技は参加するが、式典などには参加しない「外交ボイコット」」をすべきなのか
(自分の推測ではアメリカも、最終的に明確な外交ボイコットはしないが、来賓が格落ちになる、とかでお茶を濁すと思う)


まあ、一番簡単なのは「東京五輪も反対だった。北京五輪にもむろん反対である」と表向きだけでもいうことだけど
たとえば新聞がそう表明したら、中国政府はその新聞社に報復をすることもあり得るわけだ。


このへん特に、「今回の五輪に反対した人たち」が
どう発言し、どういうスタンスを取るかは、ウォッチする価値があると思う。





f:id:gryphon:20211118090406j:plain
北京五輪を批判する、五輪マークを手錠になぞらえたパロディ(2008年のもの)