INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

公式スピンオフ「銀河英雄伝説列伝」…『物語は誰のものか』の参考事例になるかも

あらやだ奥さん、
こんな本が10月に出るんですって。

銀河英雄伝説列伝〈1〉

内容紹介
永遠の名作『銀河英雄伝説』を愛してやまぬ作家陣が、正伝・外伝では語られなかったエピソードを紡ぎ出す。ラインハルトの新婚旅行で起きた椿事、ヤン・ウェンリーの青春時代の思い出、安楽椅子探偵オーベルシュタインの名推理……。新しい『銀河英雄伝説』の世界へようこそ。公式トリビュート第1弾。序文=田中芳樹/収録作家=石持浅海太田忠司小川一水小前亮・高島雄哉・藤井太洋

www.tsogen.co.jp

拙者の2ツイートを。

史記1 本紀 (ちくま学芸文庫)

史記1 本紀 (ちくま学芸文庫)


ま、このふたつは粋なジョークとして、本当の興味というか懸念というかわくわく感は、べつにある。

「元の作者が公認したプロ作家のスピンオフ」は「在野の二次創作より面白い」ことを保障できるか?在野は手ごわいだろたぶん……

話は、最初だいぶ離れたところから語り始めるが、まあ見逃してくれ。

梶原一騎原作「四角いジャングル」で、アントニオ猪木vsウィリー・ウイリアムスの事前の挑発合戦がヒートアップし過ぎ、極真vs新日全体に発展しようかという時に、マス大山は語った。
もしvs新日を本気で行うなら、世界大会に出ているメンツではない。極真で大会には出られないが、路上でのケンカに強い「影の実力者」を送り込む!!


……結局、いろいろあってうやむやになり、どうせ梶原一騎の出まかせだろう、と思うのですが(笑)、それはそれとして……、
「オモテの実力者と比肩しうる、影の実力者が在野にごろごろいる」例を挙げてみな?? と言われたら、「銀英伝の二次創作界隈」じゃないか???というのは、それほど突飛な想像じゃないと思うんですよ。

・・・・・・と言いつつ、自分はホントはその世界の二次創作をちゃんと読んでいるわけじゃない(笑)だってnot for me の、BとLな話かどうかわからんしさ…。あくまで伝聞のイメージなんだけどね(笑)

だけどな・・・・・・たとえば、よしながふみが、以前は銀英伝の二次創作では知られた顔だった……らしい。
この1エピソードだけで、戦慄しませんか…。



そりゃもちろん、今回出版社が絡んで、元の作者も絡んで、そこで出すんだから、選ばれた執筆者は一騎当千だろうよ。俺だって知ってる名前も混ざっている。

だけどねえ。それこそ母集団も違う。

「選ばれたスピンオフ公認作家はわずか6人!!在野で牙を磨く、非公認の銀英伝二次創作家は10万人ぞい!」



そして、この分野なら俺は多少は知っている。シャーロック・ホームズパスティッシュにおいて、コナンドイル財団が公認したとかいうブランドは、たしかに傑作もあるっちゃあるのだが、基本的に品質保証には何にもなってなかったことを……勝手に描かれたパスティッシュにこそ、高いトリックのクオリティや、世界観を一変させる斬新な解釈や、あるいは原典にあった矛盾をも解決する、細かな整合性のこだわりがあったことを・・・・・・・

詳しくはこれを読めい。


しかし、逆に出てきたものが、「や、やっぱりプロはスゴイ!!俺達シロートとはレベルが違うゼ!」「こ、これこそまさに、オフィシャルな銀河の英雄の伝説の一部だッ、いや歴史の一部だっ!!」と脱帽するものになるかもしれない。


そういう点で「物語は誰のものか?」を戦う、天下分け目の戦いともいえる、と思うのです。


つまり、再論するとこういうこと。

(略)…けっきょく、法(著作権)は法でいいんだが、それは置いておくと、
「物語」とはしょせん、おはなし、ウソであるので、どの「ウソ」が「正しい」のかなんて、もともと言葉として矛盾しているのである。
では、どうやって物語が「正しい」とするかというと、結局実力によるしかないんだと思う。今回の恋愛漫画のマルチエンドは、それを認めたようなものである。

これは「オリジナルの作者が描いたものだ」「著作権管理財団から公式の続篇だと認定された」というのも、それはそれなりに”正統性”の要素のひとつにはなるだろう。いわば、戦国武将は実力で覇を競うとはいえ「我は清和源氏の流れをくむ名門なり」や「朝廷から正式に守護代の位を頂いたなり」が、その『実力』に加味されるようなものだ。ただ、それだけでは勝てない。
(略)……あとは、(法はともかく)物語の後継者=王位を狙うものは、自由に旗を掲げていい。そしてそれぞれの場で天下取りを目指せばいい。その結果、実力、民意によって、物語の正統ーーーこれが一番正しい物語です、は定まっていくことになるだろう。


m-dojo.hatenadiary.com

「われこそは元の作者から公認を受け継いだ、まことのスピンオフだ!!」
といっても、せいぜい剣技にちょっと長けたヒルメス銀仮面かもしれず

お前は無許可の海賊二次創作じゃないか!!と言われても
王の器、部下に慕われる徳、宝剣を引き抜く英雄王の資質を持ち合わせたアルスラーンは、在野のネットで書いてる人たちかもしれない。

f:id:gryphon:20200826004413g:plain
正統の王を競う時、何が決め手となるのか?(アルスラーン戦記より)


(※そもそも、二次創作小説の大半は合法となります。大事なことなのでそこ間違えないように。詳しくはこちらにて)
m-dojo.hatenadiary.com


【追記】ブクマより

公式スピンオフ「銀河英雄伝説列伝」…『物語は誰のものか』の参考事例になるかも - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

一応、「らいとすたっふ|二次利用についてのルール」 <a href="http://www.wrightstaff.co.jp/free.php?fId=3" target="_blank" rel="noopener nofollow">http://www.wrightstaff.co.jp/free.php?fId=3</a> について言及しといたほうが良いような

2020/08/26 10:18
b.hatena.ne.jp

…… ファンのみなさんのなかに、きちんと許諾を得て使用したいという方も増えてきました。 そこで、弊社では、諸々の事情に鑑み、以上に規定する場合において、 個別の許諾なしに二次利用を許可することにしました。
www.wrightstaff.co.jp

ただ個人的には、こういう項目があるのがおもしろかったな(笑)

4,その二次的著作物が過激な性描写(異性間、同性間を問わず)を含まないこと。
5,その二次的著作物が特定の宗教・思想あるいは政治団体の宣伝もしくはそれらへの批判を目的としないこと。