INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「信長を、撃て」。世界初の要人狙撃事件、5月19日に450周年〜杉谷善住坊という男

事件自体は有名といえば言える…と思うけど(いや、それでも信長をめぐる事件としては比較的マイナーかな?)、ただ、日付まで覚えている人は少ないし、今年が450年という節目なことを気づいている人も少ないでしょう。
自分も、少し前、別のことを調べるために、重野なおき先生の「信長の忍び」を読んで気づきました。

f:id:gryphon:20200518033638j:plain
世界初の要人狙撃事件、標的は織田信長〜「信長の忍び」4巻から杉谷善住坊


世界初の「要人狙撃事件」(ただし失敗に終わる)という評価も、自分で勝手に決め付けてるわけではなく、どこぞで読んだ話なのだが、どこだっけかなあ…
井沢元彦「逆説の日本史」10巻でも数ページこの事件の記述があるが、氏にしては珍しく「世界初…かもしれない」と少し弱気だ(笑)。

で、たぶん別のところで「世界初の狙撃事件」とあったはずなのだが…これまた、どこか(たぶんネット)で「いや、東欧でそれより前に銃の狙撃事件がある」と書かれていたような気がするが… なにしろ信長より1世紀半前、1419年 – 1434年の、フス戦争の時にはもう原始的な銃が主要な武器のひとつとなっていたのだから


その時期に要人の狙撃があってもおかしかない。
ただ一方で、この時期はまだ銃身はらせん状の施条(ライフル)もないし、だから横一列に並んでの一斉射撃が主だった。狙撃には、やや難しいのではないか。

まあ、そのへんは分からないのだが、タイトルでは世界初だと断言しちゃう!!違ったら、誰か教えてくれるだろう!!!(なんてぞんざいな…)

f:id:gryphon:20200518033916j:plain
世界初の要人狙撃事件、標的は織田信長〜「信長の忍び」4巻から杉谷善住坊


それは当時の種子島も、かなり改良がくわえられたのとはいえ同じだったのだけど、
実は、杉谷善住坊は地形を利用して、今の感覚では超至近距離からの狙撃を試みたようなのです。

f:id:gryphon:20200518034117j:plain
世界初の要人狙撃事件、標的は織田信長〜「信長の忍び」4巻から杉谷善住坊


付近の地元民さんや、歴史・戦国マニアなら、ここに行ったという人もいるのかな?
もし今、コロナウイルス禍が無いようだったら、この近くで盛大な式典や記念行事が行われたかもしれないかと思うと、残念だ。

残念といえば、幸か不幸か・・・・・というかネタバレって人もいないだろうが(笑)、結果的に狙撃は失敗し、第六天魔王は、生きながらえる。
それどころか、逆に自分を狙撃した杉谷善住坊を執拗に追い詰め・・・・・・・・・・・

その生涯の結末は、こちら参照のこと。
ja.wikipedia.org


そして、450年経過し、撃つ者も 撃たれた者も、処刑した者、された者も‥‥‥‥歴史となった。鉛の弾の一瞬に、歴史と己の運命を賭け、結果的に名前は残ったひとりの、おそらくは世界史上初のスナイパー。

あしたの記念日には、一掬の涙をそそがれんことを。(了)


信長の忍び」はアニメ化されているから、省略されなければ映像化されているだろう…あった、たぶんこれ!

とある忍びの火縄銃

とある忍びの火縄銃

  • 発売日: 2018/03/23
  • メディア: Prime Video

あと大河ドラマ「黄金の日々」で川谷拓三が演じたことを、いまウィキペディアで知った(笑)

黄金の日日 (新潮文庫)

黄金の日日 (新潮文庫)

あとちなみに、信長はそもそも1570年も含めて怒涛の生涯なので、これから十数年はずっと毎年「信長の〇〇から450年」が続きますヨ?
(6月には姉川合戦450年を迎えるし、一カ月前は金ケ崎の退き口450年でした)
busho-heart.jp

桶狭間も同日だったらしい

10年前のこととなる。後述