INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

上原正三脚本「怪獣使いと少年」、円谷プロが追悼無料配信

galaxy.m-78.jp

f:id:gryphon:20200111075003j:plain
円谷プロ上原正三氏追悼で「怪獣使いと少年」無料配信


怪獣使いと少年」に関しては過去にこういう記事を書いて、実はいまアクセスが多いんだけど
m-dojo.hatenadiary.com

読んでもらえればわかる通り、この時は新しい情報をほぼ発掘できなかった。
この機会に、あの作品に登場された子役さんは、今もご健在だろうか?誰かインタビューして、いろいろ聞いてみる気は無いか?と、もっと取材力があるであろう一般メディアにバトンを渡しておきたい。

ちな
togetter.com


togetter.com

によれば、「怪獣使いと少年」は、氏本人も、なんというか一種の”変化球”で、自分の得意とする直球をズバッと投げ込んだものではない、という意識もあったり、また脚本的には怪獣とドラマの間の関係性にとってつけたところもある(似ているのは映画版パトレイバー2で「面白い話なんだけど、レイバー出てくる必要ない話なんだよね…」というやるかも)とか、まあそのへんの話も言われている。それでも、挙げるとなればこの一本になって……あるなあ、本人的には異色作のものが一番知られている、って人は。

ま、それはともかく、怪獣使いと少年といえば「メビウス」に続篇があった、という話も紹介してたっけこのブログでは。
m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com

怪獣使いの遺産

怪獣使いの遺産

  • メディア: Prime Video


あとこんな話が

……例えば『ウルトラマンA(72年)』『怪獣対超獣対宇宙人』で出てくる怪獣は、脚本上ではシーゴラスの指定があったのですが、脚本が怪獣倉庫の在庫を踏まえていなかったためシーゴラスは残っておらず、仕方なく「そこにとりあえずあった」からという理由だけでムルチ(着ぐるみは『怪獣使いと少年』で使用されたそのものが、多少劣化したまま保存されてたものを、スプレーで塗装し直して撮影に使用)を差出し・・・
(略)
・・・あの話で(脚本・市川森一上原正三)「殺された怪獣がムルチであったこと」を軸にして、深読みし過ぎる論を展開すると頓珍漢な姿を晒してしまいます。同じような例で言えば

m-dojo.hatenadiary.com