INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

小学館は、ビッグコミック増刊の電子版って出してないの??/一方で講談社「コミックDAYS」はかつて掲載拒否してた川原正敏「龍帥の翼」が入った

ビッグコミック増刊号ギャラリーフェイクとか機械仕掛けの愛とか載ってるやつ)の電子書籍が無い

いま、とある必要によって調べたんだけど、ほんとかよ、令和元年の今・・・
というか下手したら、紙版ですら、Amazonに並べるの送らせてるんじゃないかな??


ほら、リンク先にも「紙版」ないやろ?
bigcomicbros.net


講談社の「コミックDAYS」に当たるようなもの(要は定額読み放題サービス)もないし、大丈夫なのかねえ…


なぜ、ビッグコミック増刊を紹介しようと思ったのかは、後日あきらかにしよう。


一方で講談社「コミックDAYS」はかつて掲載拒否してた川原正敏龍帥の翼」が入った



おお、配信が始まってしまえば、かつてこの作品がコミックDAYSでの配信を拒否していた…ということも歴史の中で埋没してしまう。
記念として、うっかりミスで残っている記述を画像で残しておこう…
comic-days.com

f:id:gryphon:20191129025512j:plain
記録 かつて川原正敏は自作「龍帥の翼」コミックDAYS配信を拒否していた


実は、印象に残っているのは、そこにも書いてあるとおり、少年マガジンでいまだに森川ジョージは看板作「はじめの一歩」のコミックDAYS配信を拒否している。
これは、まあなんか、「俺様」である作者の個性的にも、少年マガジンのレジェンドであるという位置付けもあって「まあ、そういうこともあるだろうな」と納得したんだけど、最初に「龍帥の翼」が配信拒否、となってたとき「え?川原先生ぐらいのポジションで、そんな偉そうなことができるの???」と、非常に失礼なイメージをもってしまったのだ(笑)
いや、これは本当にド失礼で、客観的に見れば「修羅の門」の時代から、月刊マガジンの中ではトップ級のトップ、その後の海皇記もサッカー漫画も、超絶トップで、まぎれもなくレジェンド漫画家だったのだった。
月刊マガジンって、あんまり雑誌としては読んでなかったので、そのへんのイメージがよく把握できなかったんだよ。あと川原氏が、ほぼその一誌…での連載作家ということもそうだったんだろうな。

実際、項羽と劉邦の時代を描く(かなり史実寄り、ともいえる)龍帥の翼は非常におもしろいし、頭を切り替えれば、電子配信を嫌がる”レジェンドしぐさ”をしてもぜんぜん問題ないキャリアと地位…なんだが、ただまあ逆に、今回、「その川原正敏ですら、コミックDAYSにやってきた」のであります。

時代は変わる。
時代は巡る。

自分もきたる2020年から、電子書籍に徐々にシフトしていきたいと思うのであります
こんなこと書いてた俺が、です。

m-dojo.hatenadiary.com
m-dojo.hatenadiary.com