INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

アナザーストーリーズ、14日は「三島由紀夫 最後の叫び」。おそらく徳岡孝夫氏が出演

www4.nhk.or.jp


10月14日(月) 午後11時45分
アナザーストーリーズ「三島由紀夫 最後の叫び」

1970年11月25日 日本中を震撼させる事件がおこった。ノーベル文学賞の候補にもなった昭和の文豪・三島由紀夫(当時45)が東京市ヶ谷自衛隊駐屯地に乱入、憲法改正を訴えるが、それが叶わないと知るや割腹自殺を遂げた。その大事件の真相とは、いったい!? 総監室で三島と格闘した自衛官、三島の演説のすべてを録音したラジオ局の新人記者、当日三島から現場に呼び出されたジャーナリストらの証言から事件の全貌を探る。

1970年11月25日、ノーベル文学賞の候補にもなった作家・三島由紀夫が「楯の会」のメンバーとともに東京市ヶ谷自衛隊駐屯地に乱入。自衛隊に決起を呼びかけた末に割腹自殺を遂げた。世界的文豪に何が起きたのか?三島に日本刀で切りつけられた自衛官、バルコニーでの最後の演説を録音したラジオ局記者、当日、三島から檄文を託された週刊誌記者、三島と対峙した元全共闘学生らが明かす、あの日・あの時代の壮絶な記憶とは。

豊饒の海 第四巻 天人五衰 (てんにんごすい) (新潮文庫)

豊饒の海 第四巻 天人五衰 (てんにんごすい) (新潮文庫)


「三島から檄文を託された週刊誌記者」が出るなら、それは徳岡孝夫だ。

自分にとっては諸君!巻頭コラム「紳士と淑女」の書き手。

このブログでは、氏の「移動し始めた民はすみやかに国を倒す」という言葉が、なぜだか反響をよんだこともある。

眼を患って、公的な仕事はほぼなくなって引退みたいなものだと聞くが・・・・・・・・・・お元気であることを(相当な高齢でもあるはず)
m-dojo.hatenadiary.com

1980─2009 完本 紳士と淑女 (文春新書)

1980─2009 完本 紳士と淑女 (文春新書)

m-dojo.hatenadiary.com

きみは、どこへ行くのか

きみは、どこへ行くのか