INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

【メモ】「試合結果が同点の時、ファール数が少ないほうが勝ちのルールにしたら?」

話はタイトル通り。
自分が思いついたんなら、どやっと語りますが、twitterのタイムラインで見かけて、はーなるほど、と思っただけなのでメモ代わりに


探したらいつのまにか遡ってて、2011年のツイートとか出てきた



今でもワールドカップの中では、GLの順位付けの一要素にはなっているようで。


ただ、この重みづけをさらに上位にもってきて、GLの試合は、2−2とか1−1とか、同得点で終わったらファール数なりイエローカード数なりを比較して、少ないほうに勝ち点。あるいは勝ち点の分配を2−1にする、でもいいかもしれない。


イエローカードやファールは選手の「けが」にもえてしてつながるから、自動的に抑制にもなるこういう仕組みはいいかもしれない。
ただ、こういうのはあってもいいかもな…てか柔道が、審判の指導の数によって勝敗が決まるわけだから、荒唐無稽というわけでもない。



ま、こんな案もいろいろ誰かすでに提案したりしたこともたぶんあるんでしょう。そしてそれなりの理由で退けられたりもしたのかな。
そのへんは知らぬ。
ある意味、イエローカードやファールがあってこそエキサイティング、と考える人もいるかもしれないしね。

そんなこと書いてたら、ちょっと気になったので

サッカー(W杯)で、同得点時はファール数が少ないチームを勝ちにしたらどうなるだろう? - Togetter https://togetter.com/li/1240494

というのを作ってみた。