INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

自分のアイデアが普遍化し「ジャンル」が生まれるってどんな気分だろうね…「ゾンビの父」ロメロ監督逝く【創作系譜論】


例によって、当方が作ったまとめと連動します。

『ゾンビというジャンル』を創った男〜ジョージ・A・ロメロ監督逝去に追悼の…え、「安らかに甦れ」? - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1130989

ところで、当方がロメロ作品を大好きかというと、それが違う。
上記まとめの前文で、その言い訳というか「じゃあなんでロメロ監督を知ってて、興味があるんだよ」について説明しています。

…このまとめを作ってる当方は、殆ど同監督のものも含めて、ゾンビ映画を見てません(こわいから)。
だがその一方で「ある作品が生み出した設定やアイデアが共有される」「それによって一つの文化や『ジャンル』が生まれる」という現象にはずっと興味があり、その関連で氏の功績、そして「ゾンビというジャンル」が生まれたという話は聞いておりました。
多大な業績に感謝。そして愛好家の声を記録します。

そう、つまりは、このブログでは準タグ(それで検索すると関連記事が出てきます)の【創作系譜論】の、この上ない一典型として興味があるんだよね。

相原コージのゾンビ漫画「Z」などから「設定共有の上でのオリジナル性」を考えたりしてみる。【創作系譜論】 - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130522/p4


まとめのコメント欄にも、こう書いた。

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 1時間前
こういうのってロメロ翁が「ふふふ、ゾンビがゆっくり歩くたびに10セント貰えてりゃ、俺は今頃は世界一の金持ちになってるぜ」と寛容なビッグハートだからこそ「ジャンル」になれたんだろうけど、翁が強硬に類似作品に対して著作権を主張し、もちろんシリーズに人気はあるだろうけど「ゾンビもの」が一大ジャンルにはならなかった世界線もあり得たのかな。

そこから、ちょっと「10セント」のモトネタ含めてこんなパロを


世の中には、「ゾンビが走るのはアリかナシか論争」というのがある。

これもコメント欄をまずこっちにも貼る

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2時間前
このまとめ作業で知った知識メモ  「ゾンビファンの間で、ゾンビはゆっくり歩くべきか、走ってもいいのか。どっちがより怖いか」論争があった⇒最近の作品で「ゾンビになりたてなら肉体が新鮮なので走れる。時間がたつと走れなくなる」という折衷的な設定が提案され好評…とな。

面白くなってきたんで、さっきのまとめに追加しときました。



これを箴言化した言葉として「ライオンキングは一作ならジャングル大帝のパクリだが、次々と作られれば『ジャングル大帝もの』というジャンルが生まれる」(BYとり・みき)というのがある。
そのへんもずっと追ってきました。

漫画の「ジャンル」と「類似作」をいろいろ考える(+「百姓貴族」「銀の匙」について)【創作系譜論】 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110601/p1