INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

陛下のご意志(ご叡慮)の政治への反映、いかにあるべきか?「上皇新党」しかないのでは?民間武装組織もいるか…

陛下:退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170521/k00/00m/010/097000c









ただし、盾とともに剣がなければことは成し遂げられない

こういう兵力を、どこから集めてこれるのか。
これを寓話の形で書いたのが、上にリンクもある小説のひとつである。

ライトノベル「俺がお手紙をもらったので、もう一度親政をしなきゃならなくなった件」 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131126/p2

宮内庁特務『八咫烏』、勅命によってものどもを召集いたしました」

 

彼らに、御苑の主が問う。

「朕が兵力は、いかほどか?」

 

「はっ、八瀬童子衆、ここに!わがほうの兵力は、5000人にて」
「無論、延暦寺も全僧兵をあげてお味方に。興福寺もでございます。なぎなたを磨いて、お待ち申し上げます。遷座はなされますか?」
「状況が悪くなればな。だがその必要もなかろう」
本願寺も、今回は東、西を挙げてお味方申し上げます。すでに御文を全国に飛ばしておりますし、特に加賀では、一晩…いや1時間で、知事の首をすげかえて『百姓の持ちたる国』にいたしましょうぞ」
(略)
「ならば、山口攻めはぜひともこの福島の『平成白虎隊』におまかせを!もともとこの騒動、福島の現状を憂いた、憂国烈士の議員が動いたことによるもの。されば福島の我らが先鋒おおせつかることできればこの上なき幸いでございます。そして戊辰の折の賊軍の汚名、晴らしたいと思います」

紀州熊沢党も、今回はお味方申し上げる。いまは北朝南朝の因縁を超えるときだと、熊沢本家の仰せです」

これらの活動は「第二蛤御門計画」と総称することが決まっている(決まってねえよ)。