INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ムスリムの宗教的信念と習俗が、権力によって強制的に排除される……「犬は不浄なので、盲導犬を拒否する」は是か、非か。

ここで新生グーグル翻訳様の登場だ!!(多少手を加えます)

イスラム教徒の運転手、彼の宗教に反するがゆえに、盲目の乗客と彼の盲導犬を迎え入れることを拒否。その後に罰金を科される -
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3930394/Muslim-Uber-driver-fined-refused-pick-blind-passenger-guide-dog-against-RELIGION.html

イスラム教徒で 配車サービスの「Uber社」と契約する、ある運転手は、盲目の乗客と盲導犬を迎えることを拒否した後、宗教に反すると主張して罰金を科された。
彼のペットであるラブラドール・カルロが「彼を舐める」かどうか尋ねた後(※引用者註:特に唾液が穢れであると考えられている)、
アーメド・カイド(42)がチャールズ・ブロッホの送迎要請を受けた。
しかしカイドは、レスター氏をSpinney Hill Parkにまで送り届けることを拒否しました。ブロッホ氏はUberスマートフォン・アプリに関するメッセージを通じて彼の犬と一緒にいることを運転手に警告したにもかかわらず、
カイド氏は、4月22日にブロッホ氏が送迎を拒否することは違法だと説明したにもかかわらず、
「自分の宗教に反して犬を連れて行った」と不快な乗客に語った。
ブロッホ氏はUberアプリにフィードバックを残し、カイドの行動について説明し、Kaydは謝罪するために電話をかけたが、すでに他の取り決めをしていた。


LeicesterのBeaumont Leys出身のKayd氏は、Leicester Magistrates CourtのEquality Act 2010の下で盲導犬の搬送を拒否したことを認めました。


彼は£140の罰金を手渡され、£327の費用と犠牲者の手数料£30を支払うよう命じられた。
文化、レジャー、スポーツの市長補佐市長ピアラ・シン・クレア(Piara Singh Clair)は、カイドの罰金は他のドライバーにメッセージを送ったと述べた。
彼女は言った:「タクシー運転手は地元当局から免除許可証を授与されていない限り、タクシー運転手は盲導犬を連れた乗客から予約を受け入れることが法的に要求されている。ブロッホ氏はカイドに、盲導犬と一緒にいたので乗り物を拒否したと警告したが、運転手はとにかくペットを運ぶのはその宗教に反すると主張した
この場合、運転手はブロッホ氏とカルロ氏を受け入れない正当な理由はなかった。
「訴追の成功と、差別を容認しないという明確なメッセージを送ることを喜んでいる」


イスラムにおける犬の不浄視とは、たとえばこのような話

http://ameblo.jp/nezumi-size/entry-11565111465.html

…対テロ警備などでロンドンポリスは警察犬を連れて、駅などをパトロールしているのですが、それに対してイスラム教徒達は「警察犬を廃止しろ」と訴えているとの事。

調べるときに犬がクンクンするじゃないですか、あれが「不浄な犬に触る事は許されない」イスラム教の教えに反するそうです。

「駅などの公共の場所に犬連れとは何たる事か!ロンドンポリスの許すまじ行為に意義もうす!」という事で、訴えもおこったそうです……


典拠はハーディスにあるらしく(クルアーンではない)、また不浄やそれへの対処の度合いの解釈はそれぞれにあったりするらしいが、「不浄視なんて全くない!」という話ではないようだ。
そしてこれに繋がる。

年号、食物禁忌…宗教と世俗国家の関わりについて - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140922/p2
『すべての宗教の平等を!』…では「ハラル」と「六曜」と行政の関係は? 「空とぶスパゲッティ」は? - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151230/p2

あるいはこれだ


宗教における忌避や義務を世俗国家がどこまで受け入れ、認めるかだ。
深刻度、切実さや、それによって他が被る被害、宗教の浸透度(信者人数)・・・・・・・・・・いろいろな基準があるだろうが、そもそもそんな区分や優先度の順位付けができないのが宗教である…という可能性もある。


なわけだが、現実に盲導犬はそこにいて、タクシーもそこにある。