INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「GOOGLE翻訳の精度が突然飛躍的に向上」と聞いて感慨ひとしお。そしたら、やってみたいことは!?

Google翻訳の精度がニューラル・ネットワーク導入で劇的に向上!これはすごい - shi3zの長文日記 (id:shi3z / @shi3z) http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20161112/1478897441
Google翻訳が進化!? 精度が向上したと話題に - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/12/news021.html
Google翻訳の強化でもっとも得するのは翻訳家という妙 http://lifehacking.jp/2016/11/google-translate-and-productivity/#Q2eKoTX.twitter_responsive
Googleの翻訳精度は本当に向上したのか、先月の翻訳結果と徹底比較 - ホビヲログ http://www.hobiwo.com/entry/googlehonyakuhikaku
Google翻訳ニューラルネットワークが導入されて精度が大幅上昇 http://www.yukisako.xyz/entry/google-translate

待望中の待望。
ようやく21世紀の扉が開いた、というぐらいの気がする。
そして個人的によかったなあ、と思うのは、この革命が来る前に、「なんで機械翻訳って、あまり進歩しないんだろう?将棋や囲碁はすでに名人に勝つほどに進歩したのに」と愚痴っておくことができたことです(笑)

碁もAIが棋士を凌駕?…けど「自動翻訳」はそれほど発展してない不思議 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160311/p2
 
AIに何ができるか、何をしてほしいか?…とりあえずの感想や期待(2016年版) -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20161017/p2

もうちょっと昔から書いていた気がするけど、まあこのふたつでいいや。
ほっておいたら、本当に進歩してしまった2016年11月にはこんな文章はかけない。リアルタイムで、「なんで囲碁将棋は進歩のスピードが速くて、翻訳は進歩が遅いの?」と考えることができたことは、その後いろんなところで説明を聞くときにも実に有意義だった。
ほんの少し前までのこういう、苛立ちや疑問や興味や期待が、すべていとおしい。

では、翻訳制度が向上したいま、貴方は何がしたいですか? ぼくは・・・・

自分は実のところ、90年代後半からゼロ年代初頭において、桜庭和志山本KID徳郁などが最先端を走り、K-1、PRIDEが世界最大の格闘技団体だった時代に、その先進地帯である日本の格闘技情報をあちらの専門掲示板に(めちゃくちゃブロークンな英語で)投稿、いろんな交流をしてたから、英語を通して異国異文化の同好の士と交流する楽しさを良く知っています。
そのおかげでジョシュ・バーネットとも知り合うことができたわけですし。
(以下参照)
http://www20.tok2.com/home/gryphon/JAPANESE/UG/joshUG.htm
http://park11.wakwak.com/~cosmication/josh.html
http://www20.tok2.com/home/gryphon/JAPANESE/UG/Joshmanga.htm

だが、格闘技の総本山がいまや米国のUFCにうつってしまった以上、こちらからローカル情報を発信してもあまり意味はないし、ネットの英語情報を狩猟してこちらに翻訳して持ってくる作業は、MMA IRONMANさんや OMAUKIFIGHTさんがすごいクオリティでやってらっさる。

では、自分は何をしたいか?

Amazonの英語版で、日本語から翻訳された書籍の、あちらの人たちの感想を読んでみたい。

…と思ったのは、ほんの2か月前。

英伝の英語版について〜(6巻までの出版が決定) - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1026471

で、不完全ながらも、機械翻訳をそのままつかって載せています。
今のGoogle翻訳のクオリティならどうだろう?
ということで、再翻訳して挿入してみました。、
http://togetter.com/li/1026471
わかるぞ!!いっていることが、実に劇的にわかる!!!
(偶然、精度向上前の翻訳もおいてあるので、新旧を比較できるようになった。驚きますよ、違いに)



こんな感じで、英語で翻訳された日本の文化への感想・批評を聞いたり、日本に関する書籍のレビューを見たりしようかな、と思っています。



よつばと!」1巻のレビュー翻訳

https://www.amazon.com/Yotsuba-Vol-1-Kiyohiko-Azuma/dp/0316073873/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1479237038
私の9年生の娘は漫画の熱狂者です。ある日、彼女は放課後帰宅し、この本を私の手に押し込んで、「お母さん、あなたの仕事はここにあります。

私はそれを読む時間を作る前に、約1週間かかりました。でも、いったん四葉を読んだら、それを打つことはできませんでした!私は仕事を脇に押して、それを全部読んだ。この本は面白く、暖かく、軽快です。私は読書を終えたときにとても気分が良くなりました。主人公、四ツ葉と呼ばれる赤ちゃんの少女は、自分の世界に完全に住んでいます。彼女は、古い、黒と白の "I Love Lucy"のミニチュア、若いルーシーのようだ。無邪気で楽しい愛情を抱く彼女は、木の幹と電柱を登って蝉のように見せ、誰が出てくるのかを知り、デパートのディスプレイベッドに登って、父親がカーテンを買っている間に寝ます。彼女はかわいい、スパンクで、完全に予測できません。

他のキャラクターもすぐにあなたの上に成長します。彼の先祖はキリンであると主張する家族の友人であるジャンボ(彼は非常に身長が高い)がいる。そして3人の隣人の女の子たち、そのうちの1人は、Yotsubaが困っているのを助けるために道を出る(しかし、何とか途中で自分自身の苦しみに終わる)。文字のキャストはかなり小さく、私は好みであり、それぞれの人はユニークで明確な性格を持っています。すべてが風変わりですが、すべてが一緒に仕事をしています。同時に、彼女の沸騰は、光の光を彼らの生活にもたらします。

私が本を読んだ後、私はそれを読まなければならないと言って、私の7年生の息子に渡しました。彼は最初の数ページを読んで夢中になった。彼はまた、1日で本を完成させた。今私たちの3人、私の娘、私の息子、そして私は本から私たち自身の秘密のコードのようにお互いに行を引用しています!

あなたがハートを持つ軽い漫画を探しているなら、これはそれです。お楽しみください!




Daniel J. Hamlow著2005年6月17日のHALL OF FAME
フォーマット:ペーパーバック
あずまきょうこさんのマンガコメディ「あずまんが大王」全4巻を楽しんだ。彼女の新しいシリーズ、四ツ葉か(四ツ葉&)はちょうど面白くてクレイジーです。彼女の世界にいると思われる小児科4才の小学生の四葉に焦点を当てています。しかし、彼女と彼女の父親、コイワイ、彼らの新しい家に行く途中で、移動バンのドアを介して人々に手を振っているときに見られるように、彼女はかわいいです。

彼女はどのように描かれているのか、彼女はちょうどちょちゃんのようなものです。しかし、私はチヨが電柱を登って面白い "zree zree"の音を立てることを疑う。彼女の隣の綾瀬深香が、彼女が何をしているのかを尋ねると、「私は蝉です。深海は、競争力と墓参りの性質を除けば、アズマンガの神楽に似ています。

彼女はエアコンのことは知らないし、彼らと地球温暖化との関係について聞くと、彼は世界を破壊しているので父親は悪い男だという結論を得ている。そして、彼女の玄関は、人を出させるものだ。

一番面白いのは、彼女と姉の姉、閻魔、妹の姉、抱擁をしているジャンボと寝袋を助けてくれた父親、そして父親が移ってきたとき、そして猫は悲惨な事実に気付かず、彼女の笑みを浮かべて「うわー」と言い、1つを指して「そこにいる。

ジャンボの高さについてのギャグがあります。エナ、深カ、彼らの一番兄弟、ブロンドのアサギ、そしてその母親はすべて、「あなたは巨大です」と反応します。彼の最高の復活は、「私の先祖はキリンでした。


機動警察パトレイバー」1巻のレビュー翻訳

https://www.amazon.com/Mobile-Police-Patlabor-Vol-1/dp/1569312877/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1479237659
2000年10月1日の子供のレビュー
フォーマット:ペーパーバック
私は数日前にパトレイバーを読んで、私は何度も何度もページをめくっていた。私の両親は、私が手当のためにそれを交換したことを知った後、おそらくそれが適切かどうかを見て、それを読んだ。私のお父さんは、彼がtechie-battleのタイプなので、特にそれを好きでした。彼らは私がそれを保つことができ、私のお父さんは私がアマゾンについてのレビューを入れるなら、彼は私に1つの条件で2番目のボリュームを買うと言った。

By David A. Tatum 2004年5月8日
フォーマット:ペーパーバック
悲しいことに、私は映画に苦しんでこの漫画シリーズの販売を恐れている。私は人々が3つのパトレイバー映画に示されたものを見ることを期待してこれらの本に入ると信じています。
パトレイバーは、各化身(マンガ、OAV、TVシリーズ)でコメディーをしています。映画はそうではありませんでした。そして、映画のアメリカの初期のリリースによって誇張されていた多くの聴衆は、失望していた...それらの映画の前身が喜劇であったことを知ることによって。これは、面白いことです。これらは、面白い、スマートで、そしてよく発達した良い作品です。エピソード的な部分では、はい、しかし、十分な主なストーリーラインでは、 '週型'の形式の悪役に陥ることはありません。
テレビシリーズは素晴らしいシリーズでした。 OAVは素晴らしいシリーズでした。 MANGAは素晴らしいシリーズです。しかし、彼らのうちのどれも売れていないので、米国でのこのマンガシリーズのリリースは時期尚早に中止されたのではないかと心配しています。ある日、残りの巻が公開されることを心から願っています...これは私たちが持っているすべてであることは残念です。


フォーマット:ペーパーバック
私の8,5 / 10マンガアップデートのレビュー:このマンガは、基本的に異なる物語の構造を持つテレビ番組ですが、最終的な結末はないので、荷送人はもう一度冷たいままです。最高のパトレイバーバージョンであっても、少なくとも宇宙のようにあなたを落胆させることはありません。ここの芸術は素晴らしく、落ち着いていて、キャラクターはいつもどんなに愛されています(最高のものではありませんか?)。コメディのタイミングは素晴らしいです。ストーリーの流れはあまり理想的ではありません。なぜ私たちが第三の起源物語が必要なのか分かりませんが、まあまあです。若い人には親しみやすいが、少なくとも出版社はそれを授与したとしても、なぜこれが少年マンガであるのかは分かりません。あなたがすでにこの2つのバージョンを経験していても、この古典を十分に持つことができず、新たなスキャンリングが見つかるまで、私はフランチャイズのアニメ物語を暖かくお勧めします。 Masamiの主な仕事Biryは残念ながら不自由ですが、彼のAtom - The BeginningとJa Ja UmaはグルーミングUP!オリジナルのケルベロス・パンツァー・コップの印刷されたストーリーが人生で別のチャンスを得たなら、それは素晴らしいことではないでしょうか?


あ、そうだ、一度「意外なことに英語版が売れているらしいぞ」と驚いたあの作品のAmazonレビューも見てみよう

大今良時聲の形』はアメリカで大人気だったそう。不思議だが、スクールカーストの話でもあるから…? http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160423/p3

https://www.amazon.com/gp/product/163236056X/
日本のろう文化への見事な、洞察的な見方、いじめの影響。
Amy、2015年9月9日
フォーマット:ペーパーバック
日本のろう文化についてお話しましょう。

このストーリーは、いじめの影響だけでなく、日本でも「違う」という批判的検討を妨げるものではありません。彼女の仲間たちは、耳たぶの女の子、ショコは絶えずいじめを受けている。エスカレーションは驚くほどうまくいっている。それは非常に重要なことであり、心理的な影響は驚くほど明確に詳細にまとめられています。この漫画は日本の聾者連盟の支援を受けたもので、本質的に彼女の視点で述べられたいくつかの章を除いて、多くの行が与えられていないことを示しています。彼女は声を上げていますが、彼女はやりとりをしようとしますが、最初は先生だけでなく生徒たちも共感できず、この声は痛ましく黙っています。これは、侮辱といじめの激化が、主な男性鉛石田にも影響を与える落ち込みにつながる方法の舞台を設定します。大部分の場合、この物語は彼の視点から語られ、綴られている主なポイントを強調するのに役立ちます。

その話は、個人的な経験だけでなく、問題の両側にいることの深い理解を示すディテールへの集中的な注意を示しています。強姦されていて、それがいかに簡単であるか。しかし、ストーリーは、いかなる点でも説教として外に出ることはありません。代わりに、それは "これは起こります、これらは影響であり、これらはそこから前進する可能性のある方法です"と書いているのは、実際の議論です。この第3の側面は、ストーリー全体の中心的な焦点です。微妙な言い回し、彩色、気分のセットアップで語られます。ペーシングはまた、スポットである。ストーリーラインの進歩は遅く、方法論的です。キャラクターの変化は非常によく綴られており、フィナーレはその前に導かれたすべてのものの自然な結果となっています。

あなたが心配のない楽しみを探しているなら、他の場所を見てください。ここでは、OIMAは、社会の中の不十分で、しばしば無視される部分だけに焦点を当てています。「障害者」と認識され、何らかの形で「欠陥」がある人。オイマは実際には、読者が聴覚感覚がなく、欠陥ではなく、そのように扱われるべきではないという認識に、読者を微妙に変えてしまっています。

これがレイアウトされているのを見て、私はアマゾンで利用可能な別の本を思い出しました。それはMark Drolsbaughの "ろう者"と呼ばれています。その中で、彼は壊れていないか欠陥ではないという概念に読者の関心を引くが、そのように扱われている.ShokoはIshidaによって全く壊れていないと見られる。彼は年を取った後、彼の難聴を受け入れ、実際に変わって、彼がどれほど恐ろしいかの重大なイントロスペクションの結果として自分自身を改善する。彼の難聴の受容は母親とは対照的です。一方、ショコスの母親は、難聴の病理学的見解を受け入れ、機能的に制限されており、補聴器を使用するように「修正」する必要があり、母親は手話を学ぶことを拒否し、欠陥。最高の意図で行われたこれらの行動はすべて、Shokosの自己意識をさらに弱めてしまいます。

なぜこれはすべて重要なのですか?
それは、違いの受け入れが、これらの違いの孤立ではないことを示しているので、彼らは理解の鍵です。石田と彼女の母親はお互いに対照的な立場に立っており、このマンガがこれをどのように描いているのかは、その理由が誰かの理解と受け入れを強調することを明示的に明確にしている。そうしているだけで、何かが欠けているということは、機能不全を意味するという考えに踏み込むよりも、自分が自由に自分自身を自由に表現できるようになります。彼らがこのメッセージをどのようにしてこのマンガに届けるのかは、マンガの本当の動きの瞬間のほんの一部です。漫画のすべての小さなものは非常に重要な瞬間に向かって動作します。重要ではないように見え、それぞれのキャラクターがどのように自分の姿になっているかについてのより詳しいことは、実際にマンガ全体の中で最も重要な瞬間にどのように来るかを理解する上で非常に重要です。

一つの章が無駄になるわけではないので、すべての要素が翔子だけでなく石田の読者にも強い影響を及ぼすため、この漫画は数少ない漫画の一つですすべての時間のリストの私のトップ10の漫画で正当にその場所を獲得した。

耳が聞こえない人々が対面することを理解したいのであれば、外部と内部の両方で、互いに理解することが何を意味しているのか理解したい場合、いじめが犠牲者だけでなく犠牲者にも及ぼす影響を現実的に見たい場合はこのマンガを強くお勧めします。
私の最も誠実な希望は、他の人が私がやったすべての小さな面を楽しむことができるということです。

英語版ウィキペディアを、そのまま翻訳したい。新知識も、日本についての記述も

まず、日本ではお目にかかれない情報・・・たとえば今現在の米国における保守・リベラルの論客のプロフィルとか、。テレビスターとか…についても記事を読んでみたいけど、あちらでどのように、日本の記述がウィキペディアになっているか。むかしちょっと、英語版ウィキペディア読むことにはまったもんだったけど、もう一度やってみるかね。

ウィキペィア英語版 「Akira Maeda」

https://en.wikipedia.org/wiki/Akira_Maeda
新日本プロレス(1978-1984)[編集]
前田は1978年に新日本プロレスリングNJPW)道場に入り、同年にデビューしました。前田さんの前後の他の多くの新日本のスターたちと同様に、前田は英国への外国ツアーに着手した。そこで、彼はKwik-kik-Leeモニカを採用した。 1983年、彼はHulk Hoganが勝った最初のInternational Wrestling Grand Prixトーナメントに参加しました。彼はAntonio InokiとRusher Kimuraと並んで、国際トーナメントへの日本人参戦者の3人の一人であった。

ユニバーサルレスリング連盟(1984-1985)[編集]
1984年に前田、藤原義昭、その他新日本の脱北者が日本のUWFを結成した[2]。 UWFの最初の化身時代に、彼のリングへの不快感を示す意欲が明らかになりました。前田はサッカーの佐山(元タイガーマスク)とUWFの方向で争いました。前田は格闘技に格闘を望み、サヤマは格闘技を楽しむ前にキックボクサーがキックをしました。 UWFの中には、マヤがマッチに勝利したことを讃えていたこともあった。プロモーションは1年後に折り畳まれ、前田は帰国してプロモーションの最大のスターになりました。

新日本プロレス(1985-1988)[編集]
前田さんは、新日本のブッカー、トップスター、アントニオ・イノキと一緒に、巨額の金儲けプログラムである可能性のある彼と一緒に仕事することを拒否して、実生活の喧嘩に巻き込まれました。 1986年4月、彼はアンドレ・ザ・ジャイアントとの試合中に歴史の中で最も超現実的な瞬間の1つに関わった。男は試合を失うことに同意できず、前田は蹴ったアンドレの足を撃って戻った。巨人は前田の攻撃を繰り返し阻止し、彼をリングから追い払った。試合開始から30分後、アンドレは自ら決まった(マエダがマッチを失うことは確実であるが)ことに決めたが、アキラはこれを拒否した。猪木は最終的にリングに来て、観客の困惑に終わるように試合を終了するように要求した。 1987年11月19日、6人のタッグ・チームの試合で、リーキ・チョウシュウが対戦相手である木戸修をサソリ・ギャタメに入れ、前田の顔に合法的なキックを行い、眼窩骨を壊した。傷害は1ヵ月を超えて銚子を側近にし、前田はすぐに彼の行動で中断された。 1988年2月には、メデイアへの研修旅行を拒否して新日本から前田が解雇されたとき、最後のストローが起きました。

新生児UWF(1988-1990)[編集]
1988年に、新日本で得た名声を大人気の集大成として使用し、新星UWF高田信彦などと共にナンバーワンスターとして結成。前田さんのUWFは、東京ドームで最初に開催されるプロモーションとなり、メインイベントで前田敗北を見守るために6万人を引きました。 1990年12月、新生児UWFは会社の方向性に関する不一致のために解散した。


ファイティングネットワークRINGS(1991-2002)[編集]
前田氏は1991年にFighting Network Ringsを、新人UWF名簿の大部分はレスリング・フォース・インターナショナルを結成した。ファイティングネットワークRINGSは、UWFインターナショナルが崩壊した1997年に、もはや自身に対抗するよう命じません。 1999年、彼はオリンピック金メダリスト3人のアレクサンダー・カレリンとの試合で敗れた後、活発な競争から引退し、信じられないほどの250万ドルの門を描いた。この試合は、ニューヨークタイムズおよびスポーツイラストレイテッドの報道を含む広範なメディア報道を獲得した。

前田の退職後、彼はプロモーションのスタイルをシュートスタイルから競争の激しい混合武道の戦いに切り替えました。新しいリングは2人のキングス・オブ・キングストーナメントを開催し、フェドール・エメリアーネンコ、ダン・ヘンダーソン、ランディー・クチュール、ジェレミー・ホーン、アントニオ・ロドリゴノゲイラなどの混合武道家を日本人に紹介した。 RIDEは2002年に折り畳まれ、PRIDEの人気が高まっています。

リバイバル・リング(2008年 - 現在)[編集]
K-1が以前のK-1 RomanexMMAの新しいブランドを作りたがっていた時、Fighting and Entertainment GroupはMaedaをHero'sのコンサルタントとして雇った。しかし、FEGは2008年2月にHero'sを引退し、前のPRIDEのスタッフとチームを組んでDREAMを作りました。 Maedaの新しいプロジェクトは、Heroのルールを使用するアマチュアMMAシリーズのThe Outsiderと呼ばれていました。 RINGSブランドはThe Outsiderシリーズで復活し、2008年3月30日以来いくつかのイベントが開催されています。[6]

前田は2012年1月22日、Battle Genesis:Vol。2でFighting Network RINGSのブランドを決定的に復活させました。 9、最後のイベントが2001年9月20日に開催されたバトルジェネシスシリーズの継続。[7]イベントはZSTによって認可されました。[8]


ウィキペィア英語版 「ドリフターズ(漫画)」

https://en.wikipedia.org/wiki/Drifters_(manga)

Drifters(ドリフターズドリフターズ?)は、平野耕太が書いたイラストで描かれた幻想的な漫画です。漫画はShōnenGahoshaの雑誌、ヤングキングOurs、2009年4月30日にシリアル化を開始しました。[1]世界を完全破壊から救うために、マジシャンが彼らのスキルとテクニックを必要とする未知の世界に呼び出された様々な歴史的人物を中心にしています。テレビアニメのアダプテーションが2016年10月7日に放送開始されました。[2] [3]


プロット[編集]
島尻豊平は、関ヶ原の戦いに関与していたが、伊那直政を致死させたが、その過程で重傷を負っている。彼は怪我をして出血して歩いていくと、ドアの回廊に運ばれ、机の上の男が待っています。この男、ムラサキは、トイハイアを別の世界で起きる最も近いドアに送ります。そこに、豊平は、彼のような他の偉大な戦士たちと会って、 "Drifters"と呼ばれるグループの一員になる。

この世界には、ネイティブの人間と、エルフ、ドワーフホビットなどの多くの素晴らしいレースが含まれています。しかし、世界は戦争中であり、人間は世界を引き継ぎ、すべての漂流者を殺すことを望む別のグループの偉大な戦士である「終わり」との戦いに敗北している。 「終わりの下」の命令には、巨人や龍を含む多くのひどい生き物があります。シリーズの始めに、終わりの軍隊は大陸の北部の支配権を持っていて、現在、Carneadesと呼ばれる国の最北端の枢軸要塞を通って南に侵入しようとしています。一方、この世に生まれた人間の魔法使いである「Octobrist Organization」は、残酷な終わりから世界を救うために、多くの個性的な漂流者を集めようとしています。


漂流者[編集]

いくつかの漂流者。左から右へ、菅野直、山口麻仁、織田信長。正面:豊満島津、那須の要所。
タイトルのドリフターは、ムラサキの未知の世界にもたらされたさまざまな時代と文化からのヒーロー、リーダー、そして偉大な戦士であり、彼らはエンドと戦うことを意図されています。漂流者にとって共通の要素は、暴力、勝利、征服に牽引されてはいるものの、ほとんどが残酷ではなく、無実の傷つきを容認しないということです。彼らと一緒に生まれない限り、終わりとは違って、漂流者は魔法の能力を持っていないので、生き残るために技術と執念に大きく依存しなければなりません。

ムラサキ(紫ムラサキ?)
声は:宮本充(日本語); David Wald [4](英語)
明らかに未知の世界の終わりの征服を間違って、漂流者が地球上で彼らの犯罪のための何らかの形の贖いを見つけることを可能にする手段として、漂流者の出現の責任者である明らかに見えた男。彼は廊下の真ん中に座って見て、喫煙し、ドリフターに関連する出来事のニュースを提供する新聞を読んでいる。廊下では、彼は光に付随し、光を伴います。
 
島津豊平(島津豊久島津豊平?)
声:中村由市(日本語);ジョシュ・グレル[4](英語)
ドリフターズの主人公とリーダー。歴史的には、彼は関ヶ原の戦いの間に1600年に亡くなりました。彼は初めて新世界に到着した時、批判的に負傷し、若いエルフ、マーシャ、マークの信長とヨイチの隠れ場に持ち込まれました。衝動的で無謀なものではあるが、豊臣は、オルテ帝国から解放することによって、エルフとドワーフを助ける、恐れのない決意と魔法の精神を持っている。豊富な戦争の時代に生まれ育った豊平は、戦闘や戦術のための鋭い感覚を持っていますが、彼はこの才能を知らないままです。彼はノダチ(nodachi)と呼ばれる大きな刃を使い、脇の下と呼ばれる小さな刀を持っているのが見えます。彼は腰の後ろに丹下島と呼ばれる日本のマッチロック銃を持っています。銃弾は彼の剣が敵に対して使用できないときにのみ使用します。
 

織田信長織田信長織田信長?)
声:内田直也(日本語); Robert McCollum [4](英語)
戦国時代に日本のほとんどを征服した有名な将軍。彼は日本の統一の最初の一歩を踏み出した大名であり、初の日本軍司令官は戦車で戦車を利用し、戦車では主武器をドリフターとして使用することで知られています。歴史的に、彼はHonnō-jiの事件の間に死んだ。反乱は、アケチ光秀によって行われた。ドリフターとして、彼は新しい世界に到着してからわずか6ヶ月しか経っていない。信長は野心的で狡猾であり、リーダーシップを持つToyohisaとの新しい世界での多民族連合の確立を望んでいます。信長はグループの軍事戦略家として行動する。
 

那須与一那須与一那須陽一?)
声優:斎賀充樹(日本語);ジャスティン・ブリナー[4](英語)
19歳の非常に優しい男。彼の正式名称は那須修隆与一ですが、単に那須義一と呼ばれています。信長や豊見佐の前に何百年も住んでいたが、ヨイチは一番若い。ヨイチは11人の兄弟の中で最年少の生まれで、元平戦争中に南本の義経に仕えた強力な戦士・軍指揮官です。ヨイイの悪用は、平家の物語をはじめとする日本の歴史を通じて記録されましたが、信長は、ヨイイチはこれらの歴史的事実とは大きく異なっていると述べています。陽一はグループの射手として行動し、逃げる敵を殺します。


おーい、アマゾンのレビュー執筆者さん、ウィキペディアの執筆者さんよ…
あんたら、たいしたもんだな!!!


ま、こんな感じでより一層、英語版ウィキペディアとか楽しめるのではないでしょうか。

コナン・ドイルの「勇将ジェラール」を日本語訳したい。

シャーロック・ホームズはあれだけ知名度があるのに、同じ作者で、負けないほどにキャラが立って面白い「勇将ジェラール」シリーズは、非常に知名度がない(ウィキペディア日本語版にもないもの、項目が)。

それに義憤を感じ、いつか翻訳をUPしたいと思っていたんですう。
だが、自分にそれができる実力はもちろんない。

コナンドイルの著作権継続期間の判定ってなんかややこしいが、プロジェクトグーテンベルクにはあるんだよね

http://www.gutenberg.org/ebooks/11247
http://www.gutenberg.org/files/11247/11247-h/11247-h.htm

あなたは私の友人であり、少しでも敬意をもって私を扱うことができます。私を尊重することは、フランスとあなたの両方を敬うことになるからです。それはあなたがオムレツを食べたり、ガラスを流したりするのを見る老人ではなく、歴史の断片です。私の中では、最後の素晴らしい人のひとり、まだ男の子だったときに退役軍人だった人、剃刀より早く剣を使うことを学んだ人、100回の戦いの中で一度も敵に色を見せていない人彼らのナップザックの。 20年間、私たちはヨーロッパに戦う方法を教えていました。彼らがレッスンを学んだときでさえ、それは唯一の温度計であり、決して銃剣ではありませんでした。ベルリン、ナポリ、ウィーン、マドリッドリスボン、モスクワ - 私たちはすべての馬を馬に乗せた。はい、私の友人、私はあなたの子供たちを花で私に送ってうまくいくことをもう一度言います。これらの耳はフランスのトランペットの声を聞いたので、これらの目は彼らが再び見ることができない土地で彼女の基準を見ました。


今でも、私が腕の椅子に座っているとき、私は緑のジャケット付きのシャーシ、巨大なキュラッシャー、ポニアトフスキーのランサー、白いマントルのドラゴン、馬の擲弾兵のうなずきベアキンズのような、そして、太鼓の太鼓の鳴り声が聞こえ、塵や煙の花輪を通して、私は高いボンネット、茶色の面の列、スチールの傾斜した線の中の長い赤い柱のスイングと投げを見ます。そして、彼の赤い頭を持つネイと、ブルドッグの顎を持つルフェーブルと、ガーソンの賞賛をしたランヌを乗せています。真鍮と羽ばたき羽の輝きの中で、私は彼を垣間見ることができました。薄い笑みを浮かべた男、丸い肩、遠くの目。私の睡眠の終わり、私の仲間、私は椅子から跳ね上がっています。ひび割れた声と愚かな手が伸びたので、ティトー夫人は影の中に住んでいる古い仲間をもう一度笑わせます。

戦争が終わった時、私は全旅団長でしたが、すぐに部隊長官になることを望んでいましたが、私が栄光と兵士の人生の試練役人が彼の下にたくさんの男性と馬を持っているとき、彼は募集と再就職、飼料と手足と四半期でいっぱいの心を持っているので、敵の顔にいなくても人生は彼にとって非常に深刻な問題です。しかし、彼は唯一の中尉またはキャプテンであるとき、彼は彼の肩の上にepaulettesより重い何も持っていないので、彼は彼の拍車を振り回し、彼のガラスを排水し、彼のガラスを排水し、勇敢な生活を楽しむこと。それは彼が冒険を持つ可能性が高い時です。そして、私があなたのために持っているかもしれない話を回すことは、その時代にしばしばあります。それで、今夜、グロームの城への私の訪問を教えてください。デュロック副大尉の奇妙な任務、かつてはジャン・カラビンとして知られていた男の恐ろしい事件の後、そしてその後バロン・シュトラウンダール(Baron Straubenthal)として出席した。

あなたはDanzigを取った直後の1807年2月に、ルジャンドル大統領と私はプロイセンから東部ポーランドに400の再就任を依頼されたことを知っていなければなりません。

堅い天候、特にEylauでの大きな戦いは、多くの馬を殺してしまい、美しい10番目のHussarsが軽歩兵の大隊になるという危険がありました。私たちはメジャーと私の両方を知っていたので、前もって大歓迎すべきです。しかし、雪は深く、道路は嫌なので、私たちは非常に急速に前進しませんでした。それに加えて、毎日の飼料の変更があるとき、時にはまったく新しいものではなく、馬を散歩より速く動かすことは不可能です。私は、物語の本では、騎兵隊が凄まじいギャロップで過ぎ去ったことを知っています。自分のためには、12回のキャンペーンの後、私の旅団が常に敵の前で行進と歩みを歩くことができることを知って満足する必要があります。私はhussarsとchasseursについてこう言います。それは、cuirassiersやdragoonsの場合がはるかに多いようです。


ん?古い英語だからか、やや手こずってるかな(笑)
でも創元推理文庫の翻訳をちょっとパク…いや参考にすれば、十分フリーでパブリックなコンテンツとして出せそうだぜ。

勇将ジェラールの冒険 (創元推理文庫 F ト 1-2)

勇将ジェラールの冒険 (創元推理文庫 F ト 1-2)




ともあれ、こんな感じで活用したいと思います。
GOOGLE技術者に敬意を!英語と、またその他の言語の、これから知る未知なる世界に乾杯!!