INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

北欧に中東の難民⇒「早婚者は、人権保護のため配偶者と切り離します」⇒「少数派の異文化を尊重せよ」

https://www.plan-japan.org/girl/special/index_s.html

少し前、こんなキャンペーン↑が話題を呼びましたね。
ところで、で。ツリーをコピペします。


https://twitter.com/sweden_social/status/698876265831333888

スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 1月18日
未成年難民を多く受け入れている6の自治体のうち5が、18歳に達しない未成年が出身国で結婚していた場合に「配偶者」と一緒に住むことを認めていることが判明した。必ず別居させているのはヨーテボリだけ。未成年難民の結婚は強制的なものが多い。http://t.sr.se/23am0c5
 
スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 1月18日
(続き)スウェーデンでは結婚年齢は18歳。以前は18歳未満でも許可を得て結婚することが認められていたが、2014年にまさにこの強制結婚から児童を保護するために家族法が改正され、未成年者と結婚することが違法となった。(政府の英語パンフ)http://www.government.se/contentassets/0c8b963145cf4cd2b1735ce910944923/greater-protection-against-forced-marriage-and-child-marriage
 
スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 1月23日
(前ツィの続き)マルメ市では59人の未成年難民少女が成人配偶者と居住していることが判明した。年齢は15〜17歳。12人が15歳。配偶者の最年長は36歳で16歳の妻は妊娠中。違法状況に市役所では扱いに苦慮し、とりあえず見守ることに。http://t.sr.se/1Ppz615
  
スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 2月12日
デンマーク:18歳未満の難民少女が配偶者と施設で暮らしていることについて、社会統合相は難民施設に居住する少女を配偶者から引き離して別の場所に移す方針を移民庁に指示した。スウェーデンノルウェーも同様の問題に悩んでいるが、ここまでハッキリと未成年少女の結婚に厳しく対応はしていない。
 
スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 2月12日
続)Støjberg社会統合相の声明「デンマークで未成年者が配偶者と同居することは絶対に容認できない。このため、移民庁に対して直ちにこれを止めるように指示した。難民施設で少女が成年男性と強制的に同居させられることを阻止するのは当然だ」http://uibm.dk/nyheder/2016-02/inger-stojberg-stopper-indkvartering-af-barnebrude-pa-asylcentre
 
スウェーデン政治経済情報 @sweden_social 2月14日
デンマーク政府の未成年難民少女を配偶者と別居させる方針に対して、国内の高名なイスラム教指導者は「異なる文化として容認し規制を緩めることが必要。紛争地域では少女が男性といることで安全が得られるのだから」。でもここはデンマークだからなぁ。http://bit.ly/1TcLsc5

まあ、ねえ…。簡単に3行で要約。

1;イスラム圏の難民の中には、未成年だが誰かの「妻」になってる早婚の子もいる 。
2;デンマーク政府は未成年女性の人権保護として早婚少女を配偶者と切り離す
3;イスラム側「マイノリティの文化を尊重せよ」


わたしが解決策を提示するなら
「よく話し合ってください」
と。