INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

次の選挙で「2017年消費税再増税反対」をどこかの勢力が掲げたらどうなるのかね?

民主岡田代表 きょう維新・共産と党首会談
9月25日 6時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150925/k10010246981000.html
民主党岡田代表は来年の参議院選挙での選挙協力などに向けて、維新の党の松野代表、共産党の志位委員長と、25日それぞれ会談することにしていますが、共産党との協力には党内に否定的な声もあることから、党首会談の内容を踏まえて慎重に検討する考えです。

民共合作」的には、一回はこの会談がご破算になってほしいんだよなあ。
その上で、地方視察に出向いた岡田代表が「兵諌」されて、合作が実現されてほしいわけだが……。


ま、そんなのはどうでもいい小ネタっす。
昨日の安倍首相会見

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150924/k10010246521000.html
GDP600兆円の達成を明確な目標として掲げ、投資や人材を日本に呼び込む政策を果断に進めていきたい」と述べました。
また、安倍総理大臣は、第2の矢の子育て支援に関連し、「待機児童ゼロを実現し、幼児教育の無償化もさらに拡大するなど、子育てに優しい社会をつくり上げていくことで、今1.4程度に落ち込んでいる出生率を1.8まで回復できる」と述べました。
さらに、安倍総理大臣は、第3の矢に位置づけた社会保障制度の改革に関連し「仕事と介護の両立は大きな課題であり、『介護離職ゼロ』という明確な旗を掲げたい。

できりゃすごいが、できるかは大いに疑っている。
こっちだな。

安倍総理大臣は、再来年4月に予定されている消費税率10%への引き上げについて、「リーマンショックのようなことがない限り、予定どおり実施することは今まで言っているとおりで、その考えに変わりはない」と述べました。

今の景気状況が、たった1年で、この前の8%導入以上に変わるとも思えない。14年総選挙の意趣返しじゃないけど、参院選にて「消費税増反対」を明確に掲げ、賛成vs反対で選挙やったらどうなるのかね。
でも、もし本当に民共合作だったら、共産党はともかく増税への道を開いた野田佳彦菅直人の両元首相らがいるからな。でも結局、この前の選挙でも別に民主は増税実施を掲げてるわけじゃないからな。
結局、参院選は安保法制より、原発再稼動より、そこが一番の争点になったりするんじゃないか。
17年春に予定する増税は、16年夏の参院選で審判を受けるのが自然だろう。
そのころには自民党も融通無碍に、曖昧にしているのかもしれないが…