INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「AWAの帝王」バーン・ガニアも逝去。

もうひとりの訃報も伝わってきた。

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-1724.html
AWAの帝王、バーン・ガニアが4月27日(月)に死去した。89歳だった。70年代の黄金期には自らAWA世界王者に君臨しつつ、プロモーターとしても……

バーン・ガニアの試合も技も、ぜんぜん見たこと無いのに、ガニアと聞いていろいろ重いが去来するのはすべて「プロレススーパースター列伝」由来である。
アンドレを育てた人、といえばわかるでしょう。

プロレススーパースター列伝 (3) (講談社漫画文庫)

プロレススーパースター列伝 (3) (講談社漫画文庫)

「NWAの次がAWA。だからAWAの王者は、世界で2番目ぐらいに強いのだろう」と素直に信じられた幼きころが、私にもあったのだよ(笑)


6年前、なんとも言いようがないニュースに接したことがあった。

運命とは、レスリングとは、プロレスとは…認知症バーン・ガニアが人を投げて「殺人」か。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090227/p1

完全に認知症になってしまったが、身にしみたレスリング技というのは、その幽明定かならぬ記憶の中から時折浮上し、実際に技をかけてしまう。それが介護施設の若い職員の兄さんで「おお、イテテ…ひでぇなじいさん」ならとっても素敵な笑い話だったのだが、その技をかけたのがさらに高齢の弱者で、死につながってしまった…という。

そこからさらに6年、生涯を送り、このたび永遠の安息についた。
晩年はまさにWWFの全米侵攻にやられて自己破産までしたそうだが、それでもよきレスラー人生であったろう、と思いたい。