INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

北岡伸一氏は2013年9月の読売新聞でも「日本が中国を侵略」と明言してたよ…という話(再紹介)

北岡座長代理 「『侵略した』と言わせたい」
3月9日 21時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150309/k10010009591000.html
北岡座長代理 「『侵略した』と言わせたい」
安倍総理大臣が戦後70年のことし発表する「総理大臣談話」の策定に向けて設置された有識者懇談会の北岡座長代理は、シンポジウムで、先の大戦に関連して、「安倍総理大臣に『日本は侵略した』とぜひ言わせたいと思っている」と述べました。

というニュースが話題になって、自分はこうブクマをしたのです。

gryphon 北岡氏ならそういうと思う。この人は、そこから中国に逆襲するスタンス、こういう感じで(笑)⇒ http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130923/p2

これがけっこうスターが付いたりしたのだが、そんなにこういう話は有名じゃないというか、そもそもこういうものは書いた人しか覚えてないんだよな(笑)
な、もので再紹介しておきます。

北岡伸一(集団自衛権見直しの主導者)の「軍国日本復活は杞憂」論が、悪魔的な対中挑発をしている件。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130923/p2

なんでブクマが「そこから中国に逆襲」、リンク先の記事タイトルが「悪魔的な対中挑発」なのかは各自お読みください。


ちなみに、北岡氏が「日本が中国を侵略した」と明言したのは、そこから「すべての戦争は悪だ」「平和のためには平和的手段のみ用いよ」という議論を一刀両断するためだという、なんとも意地の悪さだ(笑)。

「平和のためには平和的手段しか用いるべきではない」という主張をするという意味での「平和主義者」の中に「すべての戦争は悪だ」と主張する人がいることも、併せて論じたい…日本が中国を侵略したとき、それに抵抗した中華民国の自衛の戦いも悪い戦争だったのだろうか。日本のなすがまま降伏し、圧政を受け入れるべきだったというのだろうか。