INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

安倍晋三首相が『攻撃型パーソナリティー障害』を患っていると明治大講師が主張(日刊ゲンダイ)

まとめリンクは多々あるが
http://matomelog.ldblog.jp/archives/29488412.html

安倍首相に対して・・・・(略)精神を病んでいるのではないか――。そんな声まで上がりはじめている。
(中略)
<気に入らない相手、ちょっとした批判にムキになって反論攻撃>
 この人の頭の中はどうなっているのか。「北朝鮮のトップと同じ精神構造。一種の攻撃型パーソナリティー障害です」と分析するのは明大講師の関修氏(心理学)だ。

自分がこの記事を紹介しているのは、『安倍首相は攻撃型パーソナリティー障害を患っている』という命題は、彼の政策や思想への支持不支持ではなく、「科学」の分野である・・・(はず)だからだ。
支持者が「彼は攻撃型パーソナリティー障害を患ってる」ということもあるし、不支持者が「彼の精神は正常である」ということもある(本来)。
一応、大学人の専門家が何かの根拠に基づいて?そう言ってるのなら、一応俎上に載せておこうかと思う。
それに何しろ掲載紙は、権威ある日刊ゲンダイだ・・・あれ?
というか、日刊ゲンダイ紙の記事執筆者を関修氏が分析したときにどうなるかは少しく興味がなくはない(笑)

「善と悪の2つしかないのです。自分は正義を行う善、逆らう人は…悪という考え。中間はいません。」