INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「女性手帳」・・・”不都合な真実”は周知されるべきか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130505/plc13050511030006-n1.htm

政府、10代から「女性手帳」導入 骨太の方針で調整 何歳で妊娠? 人生設計考えて
2013.5.5 11:00 (1/2ページ)[女性]
 政府が、女性を対象に10代から身体のメカニズムや将来設計について啓発する「女性手帳」(仮称)の導入を検討していることが4日、わかった。医学的に30代前半までの妊娠・出産が望ましいことなどを周知し「晩婚・晩産」に歯止めをかける狙いだ。6月に発表する「骨太の方針」に盛り込む方向で調整している。

 政府は少子化対策として産休や育休を取りやすくする制度改正、子育て世帯中心の施策を優先してきたが、晩婚・晩産化対策も少子化解消には必須と判断し・・・

個人的には、以前書いていた話。
で、また非常にセンシティブな話題やな、ということも。
ほい過去記事。
実はけっこう「NHK主導」な話題だったりする。

■科学と政治(正義)…たとえば出産年齢について
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110514/p3
クローズアップ現代『産みたいのに産めない 〜卵子老化の衝撃〜』のツイートまとめ (2012.02.14)
http://togetter.com/li/257683
■結婚と出産に関する「不都合な真実(?)」二題。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120215/p3
不妊治療の野田聖子氏の総括……『若い人が「野田みたいにならないよう早く産もう」と思ってくれたら』(いいのか?)
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120322/p3
■「女性の卵子の数は有限。残りの数を知って人生設計を」・・・いよいよ”不都合な真実”が正面から論じられ・・・
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20130309/p5

 
過去の感想を引用すればけっこう足りるか。

出産は、肉体的、年齢的な限界がある。男性も大いに老化が生殖に関係してくるけど、特に女性は「卵子老化」というものが存在する。
ここまでは科学的事実だ。
しかし、「だから早い年齢のうちに産もう」と<公>が宣伝し始めると抑圧になりかねない・・・というか、上の科学的事実もそれだけ知らせると抑圧になる??
じゃあどうする・・・というところで立ちすくむしかない、のだが。


ただし、NHK毎日新聞の報道を見る限り、上のような話を「知らなかった、(公が)教えてくれなかった」「知っていたらこうしなかった」と嘆く人はいるかいないか、といえばどうも確実に「存在する」ことは事実だ。
http://togetter.com/li/257683
あれ、一度読めなくなったと思ったら、ありがたいことに再度読めるようになっているみたい・・・これは必読のコーナー
毎日新聞企画「こうのとり追って」
http://mainichi.jp/feature/funin/
アーカイブ
http://mainichi.jp/feature/funin/archive/

・・・「高齢になると妊娠が難しくなることは教わらなかった」…「高齢での出産は難しいだろうと思っていても、40代で出産したタレントなどのニュースを見ると、自分も大丈夫だと錯覚してしまう」…「治療を始める前は、閉経まで赤ちゃんを望めると思っていた。治療を受けたことがない人が、誤解や偏見を持つのは仕方がないと思う」
http://mainichi.jp/feature/news/20110131ddm013100046000c.html

こういうときのキメ文句として「たった一人でもこれで救われれば、それで意味がある」ってえのがあるが、どうだろう。
 
これも以前書いたが
「それを知るも知らないままなのも自己責任。情報は巷にあふれているのだから国家がわざわざ教えることもない。」
という、”新自由主義”的なスタンスだって有り得るっちゃ有り得る。


もちろん、上のリンクでも触れているけど男性の精子も老化、劣化する。女性どころか男性手帳も配れば、それへの効果もあるはずだし、保育、出産時に休んでその後同じような地位に復活する仕組み、手当云々など「も」あわせて必要なことは言うまでも無い。
しかし、この主の「優先論」は、「不必要論」には当然なり得ない。


まあ、何が一番悪いかというと、自然が悪い。出産の安全性や確実性をを、ごく限られた年齢に集中させていることが悪い。この自然を変えられれば、一番いいんだが・・・