INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

オバマvsロムニー、世論調査で接戦…本日NHK「クローズアップ現代」で

昨日、ニュース枠の拡大があり1日スライド放送。

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/#3208
失業率が8%を超え、国民の6人に1人が貧困レベルに達し、先の見えない壁に突き当たるアメリカ。格差是正を政府が主導して“平等”な社会を目指すのか、それとも徹底した“自由”競争の追求か。現職のオバマ大統領に、共和党の候補指名を確定させたロムニー氏が挑む今秋の大統領選挙は、アメリカという国のあり方そのものを問う議論にまで発展している。その選挙の鍵を握るのがアメリカ経済を牽引してきた中間層だ。リーマンショック以来、職や家を失い貧困レベルギリギリのところで踏みとどまっている人も多く、彼らの選択が今後のアメリカの進路に決定的な影響を与えることになる。大きく異なる二つの国家観を巡り揺れる中間層を追い、岐路に立つアメリカの行方を探る。

http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/122306.html

ちょっと驚くのは、4年前の選挙の際に、
圧倒的な人気を背景に当選したオバマ大統領が、4年後には、ロムニー候補と、
拮抗するまでになってしまった点です。
Changeを訴えたオバマの人気はなぜこれほどまでに凋落してしまったのでしょうか。

そこには、貧富の格差を止めることができず、中間層の生活が悪くなってきた現実があります。
オバマ大統領が改革してくれると思ったのに…」。
そんな思いが・・・(略)