INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

永六輔と高田文夫の手紙のやり取り(編集手帳)

これも編集手帳の切り抜きから(日付不明…だったが今検索で分かった。7月23日)

7月23日付 編集手帳
 放送作家高田文夫さんは学生だった20歳の頃、永六輔さんに弟子入り志願の手紙を書いた。便箋20枚の熱烈なものだったという。当時30代半ばの永さんから、短い文面の返信があった。「弟子はとりません。友達ならなりましょう」◆15年たったある日、売れっ子の放送作家となっていた高田さんのもとに、永さんから1枚のはがきが届く。「今からでも遅くありません。高田先生、是非共弟子入りを」。祝福の心をこめた15年後の追伸であったろう◆〈手紙というのは、こういうドラマが生まれるからいい〉。高田さんが自著で回想していた (後略)

最近、「今週の編集手帳」コーナーをサボっているのは毎日の腹筋や腕立てすら続かない当方の根気無しのせいだが、正直この夏の編集手帳はちょっと調子を落としていたような気もする。
ただ、これはおもろく、紹介させてもらった。