INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ストライクフォース、本日放送。個人的にはジョシュ一押しだが・・・

自分は仕事の関係でリアルタイムでは見られないが
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/

午前11時より速報します。

とのこと。

ストライクフォース「ワールドグランプリ ヘビー級トーナメント」 6.19ダラス大会
http://www.sukachan.com/battle/SJ0000049080/

2月大会での皇帝ヒョードル敗戦で世界の格闘ファンに衝撃を与えた「ストライクフォース WGPヘビー級トーナメント」。スカチャンでは現地6月18日にテキサス州ダラスで行われる大会を日本国内独占生中継。
ヘビー級トーナメントではいよいよK-1&DREAM二冠王者アリスター・オーフレイムや元UFC王者ジョシュ・バーネットが登場!そのほかワンマッチでも注目カードが実現。
SFヘビー級トーナメントをお見逃しなく!

【放送予定対戦カード】
アリスター・オーフレイム vs ファブリシオ・ヴェウドゥム
ジョシュ・バーネット vs ブレット・ロジャース
ダニエル・コーミエ vs ジェフ・モンソン
ヴァレンタイン・オーフレイム vs チャド・グリッグス
KJヌーンズ vs ホルヘ・マスヴィダル

ジョシュ・バーネットはロジャースと闘う。寝技のスキルなども含めてテクニックではまったく上だと思うけど、ブランクが約1年、そして超一流の相手とは正直闘えなかったというブランクもある。なにしろこの階級はお互い一発で終わるし、ロジャースはまさにその「一発」でのしあがった男。
ぶじ勝利すればいいのだが。
そしてアリスターが登場。「ヒョードルを破った男」ファブリシオはおそらく長期戦を狙ってくるのだろうが、そのへんにどう対処するのか。

ストライクフォースとスカパーの契約体系についてのおさらい。

K-1MAX63kgのPPV失敗!やDREAMのPPV生中継失敗!もしくは発表遅い!!で、局地的に興味が集まっている「スカパーのPPV契約」。
放送の機会に、どういうシステムなのか再度おさらいしよう。

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20110427#1303842138

ゴン格(2011年5月号)にスコット・コーカーインタビューが。(略)海外での中継に関して言及している箇所があったので紹介。

GONG(ゴング)格闘技2011年5月号

GONG(ゴング)格闘技2011年5月号

日本の中継(スカパーとの契約)は、SFの海外でのTV中継の権利を持っているシャイン・インターナショナルという会社が行っているとのことで、Showtimeもスコット・コーカーズッファもノータッチの模様。

シャイン・インターナショナルとの契約を報じるSFオフィシャルの記事。

http://p.tl/KAXs

今後も数年はシャイン・インターナショナルが権利を持っているとのこと。

こういうのが正しい代理店の扱いだよね。
「交渉とか売込みとかめんどくせーんだよね。成功するかしないかリスクもあるしさ、海外への売り込みなんて商慣習も言語も違うし。え、おたくはそれが専門なの?じゃあ権利まとめて売るからさ、あとはあんたの努力次第で売れば儲かるってことでね。
どうせ海外に売れなかったらゼロなんだから、それで儲けものさ」

K-1も、売り込みは代理店に任せりゃいいのに…って、そのためにはまずコンテンツに魅力ないとなあ。というか欧州にはユーロスポーツに一括で卸している、とも聞くけど。
日本アニメの世界普及も、結局は手塚治虫が「アトム」をアメリカの放送局に再配信の権利つきで売っちゃったから、虫プロには一円も入ってこなかったけど、それでも「世界のテヅカ」になることが出来たんだから「損した損した」という話でもない。


SHINE INTERNATIONALは公式サイトがあった。
http://www.shineinternational.com/
下のエントリに続けよう