INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

2011年、青木真也の”商品価値”は?<大恥>越えるビッグカムバックあるか

http://twitter.com/#!/waoki

あけましておめでとうございます。大晦日応援ありがとうございました。僕は自分の胸を張りたい
 
自分のやった仕事に胸を張りたいです。反省ではなく胸を張りたい
 
ありがとうございます。僕は僕を貫きます
 
やっと解放されたな‥。やっと解放されたわ
 
おはよさん。なんだか凄まじい反響だな

以上が、1月1日付の青木真也のツイート。
そして4日付のブログ
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/dream_shinya_aoki/article/19

2011年01月04日
よし
すっきりした
もうやめだ

これはわざとか無意識か、多様な意味に受け取れるように表現していると思われる。(個人的には前者だと思う)。だからあれこれこちらで推測してもしょうがないから、こちらは側面から書いてみようと思う。
このエントリのテーマおよびタイトルは、このエントリのタイトルに触発された。

■「商品」青木の終焉【Dynamite!2010レビュー】
http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-961.html

実をいうと自分は、今回で青木の商品価値は逆にあがったかも、と思っていたりします。もちろんそれは、今までのものとは違うことも事実でしょうが。あの試合は、この前も書いたようにあまりにも展開が”漫画的”にすぎ、おまけにこれも前書いたように1Rを見れば「小ずるい悪党がルールの盲点をついてファンをいらいらさせる」2Rは「その悪党が、正義の味方に成敗される!」という、あまりにも分かりやすい図式でありすぎた。おまけに今回は、格闘技の歴史やルールの細部に詳しくなく、見た目の印象で受け止める善男善女が相手だよ(笑)。
だから反響が何倍もあり、そしてそれがヒール青木への怒りと、その敗北への溜飲であることも仕方ない。
さらに裏ドラ乗って、魔裟斗の辛口批判解説もあったんだっって?(※実家の力関係で「年忘れにっぽんのうた」を見せられ、地上波は確認できず)

今日の魔裟斗MMAファンの目からは、ブーイングをおくりたいような偏向解説であった。思えば、アメリカのプロレスでは、解説者にもヒール役とフェイス役に別れていて、コントラストの効いた放送をするわけであって、今後の趣向として、K1寄り解説、MMA寄り解説が口角泡を飛ばすというのもアリなのかなと思わせた。

http://twitter.com/#!/koubudo_shachou/status/20787118326415361

@koubudo_shachou 公武堂の社長
魔裟斗さん、別にKー1舐めて受けた試合じゃないよ! 長島にそんなこと言わせるなんてひどいな!

 

恥と失敗もキャラのうち。実力の裏付けあれば

ただ。
ここからが本題。
青木真也って、偶然にもというか必然的にもというか、もともとあまりカッコはつけず(※ここは微妙なのだが、別の次元でのカッコツケもあるといえばあるタイプだと思う。ただ一般的なものではない)涙も流せば「恥」もさらし、ついでに中指も立てて(笑)……、そこから裸で這い上がるというキャラクターであることが、今回は奏功しそうだ。
マッハに秒殺負けを喫した、その後も、そうだったではないか。佐藤大輔もノリノリでその負けをいじりまくる映像作ってたしさ(笑)。そこからヨアキム・ハンセンを倒して王者になった。

そして、実際に今回はこれ以上ない完敗だったが、現実問題としてタックルにひざを合わせられての負けというのは(多少トラウマはあろうが)あとに引きずりようがなく、実際に今後MMAの試合を重ねていけば、結局青木が世界有数のサブミッションを持つ強豪ファイターであることは変わらないし、長島的な技をまねしようったってそうはできない。

だから着実にポジションは回復していくと思うのだが、その経路について。
 

青木真也、再び”戦極狩り”で復活だ!

わっしは、「対戦極」が一番いいんじゃないかと。
それ、宮田和幸の厄介払い案(昨日付エントリ参考)とあんまりかわらんか(笑)。でも少々無理してポジションを回復するにはそれが一番いいと思いますよ。噂もあった、真騎士戦なんか最適だと思うし。
ドンキホーテ側が青木に関してカテエかもしれない。その場合は「この選手hは、真騎士と実質引き分け!(※30日の試合での勝敗は、ポイントは引き分けの上でのマスト判定でした)」というのをアピールした上でパーキー戦なんてのはどうでしょうか。

と、いうのが私の今のところの考えでした。

青木vs自演乙、2ちゃんねるや海外サイトの「まとめ」が多数

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

知人から「この前の青木vs長島は、その反応を集めたまとめサイトでたくさん特集されている」と聞き、「青木 自演乙 まとめ」などの単語で検索した結果です。
そのため、有名ブログなども含め相当漏れがあると思いますが、参考までに。

==============

■長島☆自演乙、格闘漫画ホーリーランドを読んで実践していた事が判明
http://jin115.com/archives/51742083.html

該当の巻は第16巻。

ホーリーランド 16 (ジェッツコミックス)

ホーリーランド 16 (ジェッツコミックス)


あー、これをきっかけに「ホーリーランド」が再び売れればいいですね)
ホーリーランド (1) (Jets comics (846))

ホーリーランド (1) (Jets comics (846))

■大晦日 長島☆自演乙がヤッてくれた!ヲタの鏡だ!!
http://goodboy22ch.blog69.fc2.com/blog-entry-296.html

■●【格闘技】長島☆自演乙☆雄一郎K-1なめんなよ!!」青木真也を2R開始4秒でKO!試合後「打倒石原慎太郎!アニメを規制しないで」
http://blog.livedoor.jp/domesaka/archives/1220883.html

================
以上は2chが中心?ですが、
これはsherdog周辺のリアルタイムの反響を翻訳したもので、特にお勧め

■海外も見ていた:長島☆自演乙☆雄一郎 vs 青木真也
http://gyanko.seesaa.net/article/178077905.html