【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ムハンマド風刺画問題、いまだ終わらず−。賞が贈られたり、死刑宣告が贈られたり。

ムハンマド風刺漫画:独首相、画家称賛 イスラム団体非難「足で踏みにじられた」

http://mainichi.jp/select/world/news/20100910ddm007030069000c.html

 【ベルリン小谷守彦】イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を描いてイスラム教徒の反発を受けたデンマークの画家クルト・べスタゴー氏(75)が8日、ドイツ北東部ポツダムで開かれた国際ジャーナリスト組織の会合でメディア賞を受賞した。授賞式にはメルケル独首相が出席し、同氏を祝福したことから、イスラム団体が非難する騒ぎに発展している。

 べスタゴー氏は「新聞と言論の自由の象徴となった人物」として受賞。メルケル首相はスピーチで、風刺画執筆を旧東独政権を崩壊させた民主化運動になぞらえ、「自由の秘密は勇気だ」などと称賛した。これに対し、独イスラム教徒中央評議会の幹部は「我々の預言者は足で踏みにじられたのと同じだ」と批判した。

 同氏は05年、デンマーク紙にムハンマドのターバンから爆弾がのぞく絵を執筆。今年1月、アルカイダとつながりのある男に自宅で襲撃されたが、一命をとりとめた

米女性漫画家、命狙われ姿隠す イスラム風刺で“死刑宣告”

http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010091701000360.html

 【ロサンゼルス共同】言論の自由を主張してイスラム預言者ムハンマドの風刺画投稿を呼び掛け、過激なイスラム指導者から“死刑宣告”を受けた米西部シアトルの女性漫画家モリー・ノリス氏が米連邦捜査局FBI)の助言を受けて姿を隠していることが16日までに分かった。今後、名前や住所地を変えて生活するという。

 同氏の漫画を掲載していた週刊紙シアトル・ウイークリーが明らかにした。

 AP通信などによると、同氏は4月、クマの縫いぐるみを着たムハンマドを登場させたアニメ番組「サウスパーク」の制作者がイスラム系サイトで脅迫されたことを受け、インターネットで、自身の漫画を添えて5月20日を「みんなでムハンマドを描く日」にすることを提案した。

 これに対し、昨年12月の米デルタ機爆破未遂事件で起訴された被告に犯行指示を出した疑いなどが持たれている米国出身のイスラム指導者アンワル・アウラキ師同氏を「主要な標的」として、処刑を呼び掛けていた

 
どちらも当ブログが、発生当初からずっと追いかけていた話だなぁ。
私は英語力も専門的な宗教知識も無いけど、それでも他んところが継続して取り上げてないから、いつの間にか老舗のブログになったと自負しているよ。というか今回も、自分はこの話を知らなかったけど、あちこちからリンクが張られたので、それを逆にたどって気付かされたんだ(笑)
※このブログ内を「ムハンマド」か「風刺画」で検索してください。ぞろぞろ関連エントリーが出てきます

リンクの張られた先はこれ。中村光氏に、事件に関するコメントをすごく聞きたい!!

まぁ、リンクが貼られた先はここなんだけどね。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080526/p3

聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(5) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(5) (モーニング KC)

目覚めた人ブッダ、神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は、東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごしていた。近所のおばあちゃんのように、細かいお金を気にするブッダ。衝動買いが多いイエス。そんな”最聖”コンビの立川デイズ。

手前味噌だが、これを思い出された方はいーセンスをしていると思う。まったく無関係ってことは絶対にねーんだから。
ちなみに、今回ムハンマド風刺画に対し対するドイツの授賞が物議をかもしているけど、この作品だって・・・
http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/kiroku.html

第13回(2009年)
短編賞 『聖☆おにいさん中村光氏(講談社
宗教と日本人との結びつきを親しまれるコメディマンガに描き出した独創に対して

天下の手塚治虫文化賞短編部門受賞作だ!! 同賞の創設は朝日新聞社だ!頭が高いわ!!!

いや、でも
すっごく真面目な話、
中村光氏の、このムハンマド風刺画問題(「サウスパーク」を含む)に関するコメントというのはすごく聞いてみたい。法哲学者や宗教学者なんかより、この人の言葉の方が考えさせられると思う。だれも聞きにいこうとしないのが、ジャーナリスティックな感覚の欠如だよまったく。
まあ、自分がもし講談社のこの人の担当ならば、全力でそういう趣旨のインタビューやコメント依頼は阻止するけどねっ!!

なんか、漫画家かっこいいこと言ってる

会議には、ベスタゴー氏自身も厳重な警備の中、出席し、賞の授与に謝意を述べた。同氏は地元紙に対し、「私が殺されたとしても、私の風刺画を殺すことは出来ない」などと語った。

まぁ、ことここに至った今、事実として確かにそうだろう。

モリー・ノリス氏の提案は、町山智浩氏からも支持されている。

モリー・ノリスの提唱した「みんなでムハンマドを描く日」については、はてなの人気ブロガーで映画評論家の町山智浩氏( id:TomoMachi )も支持・賛同している。
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100430
を経由し、
http://podcast.tbsradio.jp/kirakira/files/20100430_machiyama.mp3
を聞いてください(最後半部分)。

帝王ムハンマド、将軍ムハンマド…彼は「戦国BASARA」ぐらいには扱っていいんだよ(たぶん)

どでもいいんですが、ムハンマド本人について。
あの人、歴史の教科書を素直に読めば分かりますけど、基本的にツワモノ。つまりですな、他の聖者賢人はというと
・獄門磔
・毒を飲まされて処刑される
・政治家失脚後、就職できないままうろうろして生涯を終える
・一応教団としては成功したが、自分が王子してた祖国全体が滅亡
 
なんですけど、ムハンマドアラビア半島を統一、そこに君臨したまま栄光の生涯を終えたのです。
「酔うては枕す美人の膝、醒めては握る天下の権」。
いやムハンマドは酒は飲みませんね、失礼しました。
はてなキーワードにもかくある。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E0%A5%CF%A5%F3%A5%DE%A5%C9

宗教家としてはイスラム教の開祖。アッラー預言者。生年570頃〜西暦632年没
アラビア半島を統一してイスラム帝国の礎を築いた点で政治家や武将とも呼べるんだろうか。

うむ呼べる。
日本ではまだ、蘇我氏排除のクーデターすら起こってないころですが、大陸では中華最大級の名君・太宗 こと李世民なんかが活躍していますね。両者の残した巨大帝国は、その後タラス河畔で激突、そして「紙」がイスラーム世界を通じて西洋へ…と続きますが、それは余談です。
両者が直接闘ったらどうなっていただろう。


さて、何が言いたいカというト。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43751_27955.html

 荻生徂徠は煎(い)り豆を噛んで古人を罵るのを快としてゐる。わたしは彼の煎り豆を噛んだのは倹約の為と信じてゐたものゝ、彼の古人を罵つたのは何の為か一向わからなかつた。しかし今日考へて見れば、それは今人を罵るよりも確かに当り障りのなかつた為である。
(「侏儒の言葉」 芥川龍之介

国を動かし天下を揺るがした歴史上の英雄豪傑も、その1億分の1も歴史を動かせないサラリーマンの酒場の席や、ブロガーのキーボードによって批判批評揶揄、あげくのはてには美男化・女性化されても文句はいえない、というかスタンダードだってことです。
 

まあ日本だって、例えば南北朝の魔帝ゴダイゴを論じるのには多少の時間を要したわけだから状況は理解できなくも無いが、ムハンマドを、「世界史の一角に大きな足跡を記した武将にして帝王」と考えると、例えば織田信長坂本龍馬を論じたり創作したりするような感覚で、彼のことを受け止めやすいのではないか。
もちろんそれは、彼のことを「この世に唯一絶対の存在であるアッラーから啓示を授かった、最終の預言者」であるとみなす人たちの認識を、さまたげるものではない。

漫画版 世界の歴史 3 十字軍とイスラーム (集英社文庫)

漫画版 世界の歴史 3 十字軍とイスラーム (集英社文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)

コーランを知っていますか (新潮文庫)