INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

来月から「電子書籍」版も出るゴング格闘技。切り替えるか紙を買うか重大な岐路に立つ。

http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20100723#1279915311

■[雑誌] ★ゴン格が来月より電子書籍でも販売


ゴン格の電子書籍版がスタート。格闘技誌としてはFight&Lifeに続き、2番目。
来月号よりマガストア(http://www.magastore.jp)で販売される。PCやiPadの他、携帯電話(対応する機種のみ)でも閲覧が可能。

GONG(ゴング)格闘技2010年9月号

GONG(ゴング)格闘技2010年9月号

これ以降であります。
さて、アタクシの脳内ではいまこの報道に接して以降「紙版継続党」と「電子書籍切り替え党」が熾烈な選挙戦を展開しています。

紙  長年の伝統、表紙などの持つ美術的価値などを勘案すると、このまま紙の本を買うことこそ正しいと思うのであります。


電  伝統とおっしゃられるが、伝統は蓄積されてこそ意味がある。現状、わが国のゴン格バックナンバーはすでに保存のキャパシティを超えており、数年に一度は行う引越しの際に泣く泣く捨てているのが現状ではありませんか。いまから電子書籍に切り替えることで、常にPCに保存され、逆に「長年の伝統」を今後は活かし続けることができるのです


紙  しかし、それをPCで見ようと言われるのか。現状、I-pad購入などの予定がない以上、普通に紙で読んでも2時間半ぐらいかかるあの雑誌を、PCのモニターで読むとなるとその負担は大きい。さらに現在、出先や食堂の待ち時間、電車の中などで読んでいることが多いが、I-padなどがない以上、その携帯性が当分失われることになります。


電  Ipad購入を前倒ししてもいいでしょう。それに現状をもう一度見てみましょう。面白かったから、と何年か前のゴン格を保存しても、段ボール箱に詰め込んで、上はほこりをかぶった状態。ページも湿気などでペリペリです、仮に記憶便りに「面白かったあの記事」を再読したいから探すといっても実際にはできないのが現状でしょう。
電子書籍となれば、例えば今から「シャノン”ザ・キャノン”リッチ」の記事を探そうと思えば膨大なバックナンバーをすぐ検索できるのです…できるよね??


紙  そこが曖昧じゃん。それにあいまいと言えば、例えば「落雷でデータが壊れるとまずいから」と、別のHDDにバックアップを取ることはできるのでしょうか? Ipadと”母屋”のPC両方にコピーすることは?それができないなら、紙の本以上に過去のバックナンバーは保存できない。HDDは消耗品ですから、数年後には確実に失われることになりましょう。
もしいくつでもコピー可能なら…一冊をXXXXXで買って、そのデータをXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXできるでしょうが、あっちも商売だからそれはできますまい。
それにそもそも、今ゴン格、「○○堂」で定期購読してるのであります。「電子書籍版にするのでやめます」ってあの親父に言うって、一番言いにくいシチュエーションなんですが……

さてどっちが俺の中で、与党として政権を担うのかね。