INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

中島岳志氏、公式ブログを再開。そして衝撃!佐高信の意見に真っ向から反対し「潮」で連載開始!!

中島岳志氏のtwitterの存在は、今回の騒動で初めて知った。さっそくフォローしてみた。そこからリンクをたどると、なつかしや「コールタールの地平の上で」が再開したことを知った。
http://indo.to/nakajima/

中島岳志のブログ「コールタールの地平の上で」。
ながらく休止していましたが、2010年夏にリニューアル。再始動しました。

ふむ
めでたい。

http://indo.to/nakajima/archives/357

『潮』で連載が始まりました。

『潮』8月号から「アジア主義を考える」という連載を始めました。幕末からの「アジア主義」の系譜を丹念に辿っていく予定で、初回は「なぜ今、アジア主義なのか」というプロローグを書きました。
(略)
連載は1年以上続く予定です。毎月、じっくりと思考を深めながら、アジア主義について考えて行こうと思っています。

ちなみに『潮』は創価学会系の出版社が出している雑誌ですが、私自身は創価学員ではありません。創価学会に対しては偏見もありませんし、嫌悪感もありません。信頼のできる学会員の方はたくさんおり、これまでも色々な議論を交わしてきました。ただし、小泉構造改革を推し進めた公明党に対しては、極めて批判的な意見を私は持っています

一応、念のため。

アジア主義という連載は面白そうだし、「潮」へのスタンス(公明党には批判的だが執筆はする)も大変もっともだと思うが、佐高信という人が、そういうスタンスを大批判していましてね(笑)、潮に書くだけでダメなんだそーですよ。
ま、それで批判の対象になるのは猪瀬直樹とかだけで、姜尚中とか筑紫哲也とか辛淑玉とか鎌田慧とかはスルーされるけど(笑)。

そのスルー対象者のワン・オブ・ゼムになるだけだとは思うんだけど、週刊金曜日編集委員のよしみで、佐高社長さんに「いいかげんその矛盾だらけの看板おろしたら?」とツッコんであげてください。