INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

あすはサンドロvs金原正徳。サンドロ、ベルトと共にWEC行きか、金原が拒むか?

金原正徳vsマルロン・サンドロ

サンドロは今まで、戦極の試合であまりに説得力のある試合をし続けてきた(記録上敗戦のvs小見川道大戦を含め)。その上で大一番に臨むが、海外サイトでは既に「WEC進出」を公言しているとも聞く。
ゼロ年代が終わってのジムの覇権は、BTTシュートボクセに代わってノヴァ・ウニオンやシーザー・グレイシージムに移ったことはだれが見ても明らかだが、あまりにタレントが多すぎて、同門対決じみてしまうからサンドロは戦極、XXはWEC・・・と振りわけていると聞いたが、そう上手くはいかないか(笑)。それを防ぐためには金原だが、どんな戦術があるだろう。リーチ、身長を生かすしかないか。

真騎士vsホドリゴ・ダム

真騎士というバネを仕込んだような瞬発力あるファイターの、出世試合となるか、ならないかのある意味裏大一番。パーンと序盤から速攻決まるかもしれないが、しのがれたり、一度もつれて上を撮られた後、真騎士が何が出来るかもみてみたい。

菊田早苗と歴戦のグラップリングのだれか。

実際、たしかに一番菊田が強い部分の寝技では上の選手だと思うよ。
ただし、要は吉田秀彦vs石井慧
吉田の一番の強みの柔道では歴然の差があったろうけど、極端な図式化をすれば
【柔道力】吉田1:石井10=1:10
でも
【打撃】吉田2:石井0
だった場合、この「ゼロ」につけこんで翻弄できるよね。それと同様に菊田は組み技では、自分の技術を逃げることに使い、打撃の部分で攻めて翻弄するのでは。
言葉にすると、なんか平凡な意見になっちゃったな。