【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

というわけでDynamite!は午後6時から、ほぼ半日地上波放送。ライバルは単行本未収録のドラえもん

放送日程などはNHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )参照。正月3日のUFC放送日程もどうぞ。

そして他の番組は・・・正直今回はあまりにもカード決定のごたごたが面白く(笑)、裏番組の内容をしらべて立体的に分析するようなことはできなかったな。

ただ、これだけは格闘技ファンを裏切って伝えよう。
http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20091221

31日の『大みそかドラえもん 映画30周年! 全部見せますスペシャル』で、名作「45年後…」が新作アニメとして放映されます。

新作の『45年後…〜未来のぼくがやって来た〜』は、45年後の未来から、おじさんになったのび太がやって来る、感動ストーリー!
物語のクライマックスで、おじさんのび太が今ののび太に語りかけることばに、思わずジ〜ン!! ナミダの名ゼリフに注目です!

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20050226

「ぼくドラ」25号の別冊付録に「45年後…」というエピソードが収録され、ファンのあいだで反響を呼んでいる。「45年後…」は、割合さらりとした話ながら、読む者の胸にじわりと感銘を呼び起こす珠玉の名編である。
(略)
 藤子・F先生はこのように、(※子供の自立心が育たない、などの)世間の『ドラえもん』批判にたいして、自らの言葉で何度も反論を試みていた。

 そして、このたび「ぼくドラ」25号で再録された「45年後…」は、そうした『ドラえもん』批判をめぐる状況のなかで藤子・F先生が提示した、真摯なアンサーだったとも考えられるのだ。F先生は、『ドラえもん』批判へのアンサーを『ドラえもん』それ自体で行なった、というわけである。

 のび太は、実社会のなかで何度も失敗しながら・・・・・


アニソン紅白」とやらは結局ネット配信がどうこうってどうなったかわからんので
http://www.anison-kouhaku.jp/
から探してみて。