INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「JIN」にあわせてコレラ対策史を紹介。「風雲児たち」より

昨日、なぜか「JIN あらすじ」での来訪者が多かった。1話、2話ではほとんどなかったのに、じわじわ人気が出てきたのだろうか?そりゃちょっと楽観的かな。
で、2,3話はコレラ対策に、仁が緒方洪庵らと取り組む話をやっていた。
コレラは我々には縁が無くて、自分も対策はこの漫画で知ったんだけど、要は下痢と嘔吐で水分を失って衰弱死するのだから、体液に近い形で塩分や糖分をまぜた水をがぶがぶと補給していけば自然治癒まで病気を乗り越えられると。

まあ当然、スポーツドリンクのような栄養のある水という概念があるはずもなく、仁の活躍もSF、フィクションなのだが、ちょうど欧米でもコレラ対策がそろそろ生まれようか、というところだったらしい。

みなもと太郎風雲児たち」ではボンぺが初期治療を伝える。


ボンペの治療法はまだ不確定な部分が多かった(キニーネ服用など)けど、塩水を飲ませるというのはまぁまぁのところだったのだろう。まだ「細菌」も完全には見つからず対症療法、試行錯誤の経験則から生み出すのだからこれでも上出来なのだ。
にしても、発展途上国キャンプでも水の清潔さなどが保たれればコレラの死亡率1%、というのはすごいことだね。