INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

川尻達也は”最低視聴率男”だったのか?

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

2009年06月18日

【 DREAM 】 川尻達也は”最低視聴率男”だったのか? < Gryphon
http kamiproスペシャルJULY   P81,82
某所で川尻の異名として「最低視聴率男」とあり、何のこっちゃかと思いきや、今回のkamiproスペシャルがソースとのこと。
同誌には、DREAM.9 の全放送時間視聴率分析と図表がありました。
要約
・放送開始は内藤のボクシングの続きで15.7


・平均して一番低かったのはホンマンvsカンセコ


所英男の試合は既報どおり最高視聴率19.1で、大きな山になっている。平均ではKIDより高い(※CMを間に挟んでいないから。KIDは3回CMあり)午後10時の「またぎ」もあまり落とさず乗り切った。



・そして川尻の試合は・・・「記事では数字が落ちていない」とあります。基本的に15-18%ぐらいをキープしての大健闘のようです。

ただし、図版(折れ線グラフ)で見る限り、たしかに1R終了時点での瞬間的な落ち込みが、ホンマンvsカンセコより下に行っているようです。2Rが始まると再び盛り返したものの、このことをさして一部で「最低視聴率男」と揶揄しているらしい・・・と分かりました。

詳細は同誌で。


このグラフはじっくり見ることなく「川尻の試合で数字は落ちなかった」という松下ミワ氏の記事だけ読んで流していた。(平均して15%以上というのは大したもので、松下氏の見解は見解で正しいのだが)
たいしたもんだ、気づいた人…というか、それを「最低視聴率男」と命名した人(笑)。

こういう視聴率傾向分析は、地上波ゴールデンの時は毎回やってほしいものだ。いい時だけ限定してやるなんてことは無いように(笑)