INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

次回のDREAMフェザー級準決勝、組み合わせはどんな形がいいだろう?

ジョー・ウォーレン
ビビアーノ・フェルナンデス
高谷裕之
所英男

の四人。四人でトーナメント組むと、組み合わせは3通りだ。
すなわち


1・所vs高谷、ウォーレンvsビビ
2・所vsウォーレン、高谷vsビビアーノ
3・所vsビビアーノ、高谷vsウォーレン


こんなの抽選にするのが一番公平でいいと思うけど、やはりここまで来たら主催者の意図は絶対入るだろ。それをどうすべきか考えてみよう(しかし、これで所の変わりにエイブル・カラムだったらまさに目も当てられなかったな・・・)

3はダメ。絶対だめっしょ。
なぜかというと、まあこれシロート予測で外れても仕方ないとは思うが、ビビアーノが頭一つ抜き出た優勝候補のような気がするわけ。
この人に当たるのが、基本貧乏くじのような気がするのよ。
その場合、やっぱり所英男に当てるというのは、ねえ。
それに相性的にも、所のサンボ的(経由リングス)関節を柔術的な動きで止められるとすごく分が悪い。3は無いわな。

1か2か、か。これはリスクを取るか安全策をとるかでもあると思う。
日本人2人、外国人2人なら、ばらして日本vs外国人にすることでナショナリズムを味付けるというのも今までのならいだ。
そのときなら、高谷はどうせパンチが当たればKO勝利の可能性もあり、倒されて固められたらヤバい可能性もある、という点では、どっちが来てもあんまり変わらんじゃん。
しかし、所的な関節技なら、まだまだ経験不足のウォーレンにはある程度通じるんじゃないかと思うのですよ。下から関節を仕掛け、それは失敗してもそのときにポジションを入れ替えるというのも所はけっこう見せる。


それだと2がいいと思うのだが、1だと確実に日本人が決勝進出するという魅力がある。
それに、これは噂話的な、根拠なしの話ですが、高谷はHERO'S時代、なぜか所英男にむかついていた・・・という。
そういう因縁をクローズアップすれば、じゃあこの二人の、試合を組んでみようかって話になるかもしれない。


すっごい暇な人のための余談。ふつうの人はやらないでいい(というか知ってる筈)

上の話に有るように、4人の選手の中からトーナメントのため、二人ずつの組み合わせを考えると3通りです。
さてこれを、任意の数どれにでもあてはまる公式にすると、どのようになるでしょう?
例を挙げると、この前行われた8人の選手による二回戦、あれは実際の組み合わせも含め、幾つのトーナメント組み合わせ例がありえたでしょう?

さっき、ふと気になったのだが「こんなのやったよな、俺」と思ったところちょっと苦労した。
みなさんはそんなことないだろうけどさ。

参考。
http://yosshy.sansu.org/P&C.htm