INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

大阪プロレスに道頓堀から蘇った「ヨーネル・サンダース」登場。KFCは”黙認”か

やじうまワイド 経由で知りました
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090413-OHT1T00026.htm

ポスト「くいだおれ人形」襲名か―。ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の「 カーネル・サンダース人形」をほうふつさせる覆面レスラー「ヨーネル・サンダース」(大阪プロレス)が12日、リングデビューを果たした。先月10日に道頓堀川の底から24年ぶりに引き揚げられた“本家”への勝手なオマージュで誕生したヨーネル。困惑するKFCをよそに、大阪から日本を元気づける新キャラクターとして社会貢献にも意欲・・・

(略)

・・・・24年前、カーネル川底に突き落とした阪神タイガースファンをのろうヒールキャラとして登場した。

 チキンの人形にかみつくなど、温厚そうな見かけとは裏腹の暴走ぶり。しかし、試合の途中で対戦相手から「24年前を思い出せ、お前は悪者なんかじゃない」と声を掛けられると、あっさり善玉チームに寝返った。

 身長170センチ、体重100キロと本家そっくりのずんぐりボディーで大暴れし、最後は善玉軍の勝利をアシスト。試合後はファンから握手攻めにあった。24年間も「よう寝る」から、リングネームを思いついたという大阪プロレスの阪上雄司会長(40)は、「思っていた以上にウケました。これからはレギュラーで頑張ってもらいます」と反響に興奮を隠せない。


 KFC側には正式な承諾を得ていないが、当のヨーネルは今後「カーネルおじさんの優しいイメージを崩さず、子供さんに愛されるキャラクターでいたい」と勝手に宣言。阪上会長も、いじめ撲滅のメッセージをこめた興行などに起用したり、児童養護施設や障害者施設を訪問するプランを明らかにした。

 これは、KFC広報室が出していた「私たちにとって、カーネルおじさんは大事なキャラクターです。大切に扱ってほしいし、正義のヒーローであってほしい」というコメントには、一応沿った形だ。無断使用に困惑を隠せないKFCだが、今後は黙認すると見られている。

ああ、「黙認」。
プロレスがプロレスであった時代、この言葉だけですまされていた、あのよき時代。
WINGなんて、ホラー映画会社が黙認してくれなきゃどうなっていたことか(笑)。
まだどうなるか分からない気はするが、がんばてください。でもどこがどう頑張るんだ。

ところで、サンダースはカーネル(大佐)なわけだが、わたしはどこかで「第一次世界大戦に従軍し、ドイツ兵を斬って斬って切りまくって大佐に昇進した。軍の通称はブラッディ(血まみれ)サンダースだった」とか聴いた記憶があった。
ところが現実は、まあこんなもんです。
ウィキペディアの「カーネル・サンダース」

気のいい普通の、フリーメーソンのおじさんでした(マジ)