INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「二階失言」とその撤回、なんと報じない新聞も。見事に危機回避成功?「医師のモラルの問題」

id:Yosyan さんが追及を続けている二階俊博の「医師のモラル」失言・・・13日に撤回されたんですけどね。
ホットエントリにも、id:NATROM さんがこの関連で書いたエントリが今あがっている。

でね、
現職の大臣が、とある発言を不適切だったと謝罪、撤回したらふつーそのまま自動的に、新聞記事とならへん?
実はならへんのです。

たとえば朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1113/TKY200811130280.html?ref=rss

妊婦死亡「医師のモラル」 二階氏、抗議受け発言撤回
2008年11月13日22時7分

印刷

ソーシャルブックマーク

 脳出血を起こした妊婦が東京都内の病院で受け入れを断られ、死亡した問題について、二階経済産業相が「医師のモラル」と発言し、医師らの団体などが反発している。二階氏は13日の参院厚生労働委員会で、経産省幹部にコメントを代読させる形で謝罪し、発言を撤回した。

 二階氏は舛添厚生労働相との10日の会談で、「何よりもやっぱり医者のモラルの問題だ。(医療界に)入った以上は忙しいだの人が足りないだのは言い訳に過ぎない。しっかりしてもらわないといけない」と話した。

 この発言に、勤務医らでつくる全国医師連盟は12日、「勉強不足で事実の誤認がある」と反発。日本医師会も「不用意な発言で心外。考えを改めていただきたい」との声明を出した。13日には市民団体からの抗議が寄せられた。

 二階氏は同委員会に「医療に携わる皆様に誤解を与えたことをおわび申し上げ、発言を撤回します」とのコメントを出した。

・・・となっているのですけど、好漢だまされましたか。実はこれ、紙面化されてない(笑)
私が見たところでは読売新聞も撤回は記事にならなかった。(こっちはネット記事もなし?)

ただ、前日の夕刊に乗ったから、とか版が違う、とか、あるいはこちらの見落としかもしれないので、両紙の広報、読者担当に電話してお手数ながら念のため調べてもらった。昨日の昼だね。
その結果、両方から正式に「この問題の紙面掲載はありませんでした」との確認を得た。
本日、企画記事みたいな感じで掲載されるのかなあ。
どっちにしても生ニュースで扱うに値しない、そういう評価だったんだよ。


柳沢伯夫の「生む機械」なんてのは比喩表現で、言いながらその直後に「産む機械なんていってごめんなさいね」だったのだが、二階氏は発言も、国会の場での発言撤回表明(完了に言わせた)もあるのに、この程度で済む。

ある意味立派過ぎる危機管理術だ。
どのようにすれば、こういう風に失言でも怒られずに済むのか、研究したい。