INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

郵便受へのチラシ投入は住居不法侵入か、言論弾圧か?を論じるより「郵便受には無断で入れていい」と立法できないか?

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080702#p3
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20071217#p3

などで論じた話題です。反戦ビラも核武装推進ビラも逮捕されるのだが、要は(いろいろ制限はあるが)、郵便受け部分も住居とか邸宅で不法侵入が成立するという理屈だ。
これが実質的に言論弾圧になるか、法的に本当に住居侵入か…には議論があるわけだが、以前、アメリカにおける国旗侮辱罪を調べた時、(結局は成立しなかったのだが)「憲法上、国旗を侮辱するやつがいても仕方ない」という判断が出たとき、「ならば憲法のほうを変えよう!」と動きが出て、成立寸前までいったことがあるという。

それにならって、いっそのこと立法のほうで「宣伝文書配布自由法」みたいな?(語尾あげ)、なんかそーゆー適当な法律を作って、こういうビラまきが可能だというふうに「決めて」しまったほうが司法に判断を任せるより近道では無いだろうか。
もちろん、例えばマンションや官舎住民の一致した意見として禁止した場合はその禁止を認める、しかし見て分かる明快なところに警告の看板を設置し、それでも行った時は罰金・・・などのいろいろな制約も、それを基点に話し合ったほうが能率的ではないかと思われる。
ねじれ国会でもあることだし、可能じゃないかと思うんだが。