INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

米国大学レスリング界には「ダニー・ホッジ賞」がある

涼掌亭はいかにして鍛えられたか --- How the koolpaw villa was Tempered
http://koolpaw.exblog.jp/7925503/

…っていうかWINマガジンのサイトでびっくりした。
Dan Hodge Trophy !!!

あのダニー・ホッジの?ダニー・ホッジ・トロフィー!!

1995年にできた全米の学生レスラーの中から勝率や「ピンフォール」の数から選考される最優秀選手賞だそうです!ピンフォールの数!!!説明書き読んでバカウケした。

named after the former three-time University of Oklahoma national champion (1955-57) who never allowed a takedown in his college career. He also pinned 36 of his 46 victims. Criteria for the award includes a wrestler's record, number of pins, dominance on the mat, past credentials, quality of competition, sportsmanship/citizenship and heart.


じいちゃん、それマジでバケモン(爆)そういえばじいさんになってからのインタビューでも『まだ林檎握りつぶすのはできるんだけどね〜。手がベタベタしちゃって』とか言ってたな。そんなじいさんイヤだ!家族に林檎握りつぶすような年寄りほしくねー(核爆)。


ホッジのアマレスキャリアでは、ピンフォール勝ちの数と率が極めて高いことが特筆される…という話は流智美氏も書いていたけど、数字とちゃんとしたレスリング側のサイトを見ると、「まあ『流劇場』かもね」と感じていた時とは(笑)受け取り方が違う。
今後、ウィキペディアの「ダニー・ホッジ」もこのへんのレスリング情報が入ることを期待したい(俺がやればいいんだけどね)

氏はまだご健在だが、この握力のままボケ老人になって徘徊したりしたら…ターミネーターとあんまりかわらん(笑)日本でも、かつて相当のレベルまで合気道を極めた某師範が”恍惚の人”となり、こちらは道場内だったがその技術のまま、わけもわからず徘徊して、しかも技の威力はそのままで攻撃するので相当恐ろしかったとか。
いや、かなりききかじりの伝聞というか伝説なんですけれども。