INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

沖縄二題、強制自決関連で

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/124796
産経新聞で「宮平秀幸」と言う人から新証言が得られたということで再び話題になっている。 なんか今までも聞いた話のように聞こえるのだが、同じ状況を証言するべつの人の証言が出て一致したということなのかな?
沖縄タイムスはこの問題についてどう話しているのだろう。
しかし、それ以上に重要で驚くべき記事がこの前のAERAに掲載された。
またうっかり次号の発売後に「あ、書かなくちゃ!」お思い出してタイミング遅れだが、まあ図書館にけっこう置いてあるからすぐ読めるだろう。

http://opendoors.asahi.com/data/detail/9145.shtml

沖縄 
現在
少女と米兵「隠れ性被害」
示談・泣き寝入りで表面化しない「犯罪」、塾近くのナンパスポット


歴史
63年前の集団自決
軍命令あったか「現場検証」


問題は後半の特集。まず注目なのは、これを書いたのは元朝日新聞編集委員で、今、退職後にフリー記者となっている「長谷川煕」記者だということだ。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20050308#p2
■[時事][漫画][北朝鮮][読書]長谷川煕・・・光を浴びない貢献者


という記事を書いているが、まあここにあるとおり、ものすごく当時はタブーの壁があった「朝銀信組」問題報道の第一人者であるのだ。



だから、「ああ、朝日の中で思想的に珍しい(大雑把に分けると)”右”の人間で、今回の記事を書いたんだな」と単純化してはイケナイ。
右派政権ともいえる安倍政権崩壊のきっかけになった松岡農相の金銭疑惑と自殺を、この人は一番徹底的に追及したのだから。


それで今回の記事だが・・・手元には無いので大雑把な印象論で言うと「両論併記だが、『命令なし』側により説得性を感じさせるような描き方をしている」という形か。

http://jp.youtube.com/watch?v=Z7ioKgwuF4w
チャンネル桜の解説である。なんか語り口がアレだけど、まあ内容的にはこの人たちの喋ってる通りの記述だったな。

それ以上に、今回問題で驚いたのが−−−
そのyoutubeでも触れられているけど「沖縄の住民の自決には、その雰囲気作りに、先行して起きたサイパン島の集団自決を賞賛した『当時の新聞』の責任もあった」と書き、当時の「朝日新聞」の記事を引用していたことだ!!!

何でこれが驚きなのか。

今、集団自決問題に関しては「いや、確かに自決せよとの命令があったよ」という主張のほかに、「直接的な命令の有無の問題じゃない。全体的な雰囲気を生み、『自殺やむなし』という空気を作ったこと自体が『軍が住民に自決を命じた(軍が住民を殺した)』ということになる」という議論があり、むしろ今はそれがメインストリームとなっている。

こので「新聞も雰囲気作りには加担した」となったら、イコールで「新聞が住民を殺した」と書いても仕方なくなる、のだ!!(もちろん「新聞も強制的に書かされた被害者」という議論もできるが、それは別の話になる)
その際、歴史が戦前から続き、また戦前も一定の影響力が沖縄であった朝日新聞や読売新聞、琉球新報が具体的な名前として出てしまう。
沖縄タイムスは戦後発足。産経新聞も創刊時期の関係で意外や(?)創業社主の経歴などは兎も角、戦争責任とは無縁だ)

このような議論を生みかねないインパクトのある記事だったのに、あまり反響はないみたいですけど。