INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

今月の「諸君!」 佐々木俊尚が連載開始!(麹町電網測候所は終了?)

http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/index.htm

「年金」「松岡」、揺らぐ「改憲

安倍政権、墜落す!
底無しの支持率凋落と無党派層の不気味な沈黙。参院選後の劇的展開はもはや不可避だ
国正武重(政治評論家)/田勢康弘早稲田大学大学院教授・日本経済新聞客員コラムニスト)/伊藤惇夫(政治アナリスト)



安倍晋三を操る「岸信介= “元祖ちょいワル”白洲次郎と銀座マダム黄金の日々
占領を背負い、GHQに啖呵をきった快男児は、アフターファイブもやっぱり凄腕だった
北康利(作家)/石井妙子(作家)



永遠なれ北大路魯山人、日本の料理を芸術にした男
山田 和(作家・写真家)/福田 彰(「福田家」会長)
「傲岸不遜」の人間像は真実か? 究極の美食を目指した彼が、辿り着いた境地とは
強行突破」のDNA 草野 厚(慶応義塾大学教授)
迷走する首相に告ぐ。“大事の前の小事”を重んじ、祖父が示した現実主義に回帰せよ



〈拉致された国土・北方四島〉を諦めてなるものか!
漁師銃殺事件から一年。「プーチン後」を見据え、日本は積極、果敢に行動を開始せよ
上坂冬子(ノンフィクション作家)/新井弘一((財)国策研究会理事長)/長谷川俊輔根室市長)



北朝鮮拉致とロシア漁船拿捕
わが自衛隊を、同胞の救出に積極活用せよ 近藤 茂(自衛隊幹部)
自国民の保護は、自国軍隊の手で。アメリカ本願に陥る前に、まだやるべきことがある



日米同盟空洞化の危機をどうしのぐか 日英同盟の教訓 黒野耐武蔵野学院大学講師)
同盟はいかに衰退に向かうか。日露戦後の歴史は、日本人にいまなすべきことを教える


高学歴ニート大増殖 杜撰な「大学院重点化」こそ元凶だ
佐藤良明(元東京大学教授)
大学院は出たけれど大学に職はなし。大量生産された「研究者の卵」には夢も希望もない

光市母子殺害、ルーシーさん事件……
裁判制度が病んでいる! 青沼陽一郎(ジャーナリスト)
奇妙な判決が続出するのは何故だ。こんな状態で「素人」に法廷を委ねていいわけがない

在日を不幸にする贖罪型日本人の情熱
強制連行で拉致を相殺!? 差別を喧伝して北の狂気を隠蔽するレトリックを見逃すな
鄭大均首都大学東京教授)



韓国トンデモ「超・古代史」の素晴らしき世界 水野俊平(北海商科大学教授)
眉唾な文献を縦横に駆使して描く“一万年の来歴”。韓国人の雄大な史的構想力に酔え!


昭和カリスマ列伝

“元祖ちょいワル”白洲次郎と銀座マダム黄金の日々
占領を背負い、GHQに啖呵をきった快男児は、アフターファイブもやっぱり凄腕だった
北康利(作家)/石井妙子(作家)

永遠なれ北大路魯山人、日本の料理を芸術にした男
山田 和(作家・写真家)/福田 彰(「福田家」会長)
「傲岸不遜」の人間像は真実か? 究極の美食を目指した彼が、辿り着いた境地とは


玉砕の島の慰霊碑が泣いている
笹 幸恵(ジャーナリスト)
戦友や遺族の心づくしの民間人建立慰霊碑が、「整理事業」の名の下に、政府の手で撤去され始めている



ラップ・コスプレ・インターネット
激増サブカルウヨクの「愛国」はホンモノか 入江吉正(ジャーナリスト)
♪やっぱ日本てスゲー?“メイド服”の女性はなにを求めて、靖国神社に向かうのか

やけに気になる
女40代シングルの「生活と意見」
香山リカ精神科医)/岸本葉子(エッセイスト) 〈司会〉関川夏央(作家)
若者から見ればチョー年上だけど、熟女にはまだ早い。その“来し方行く末”と複雑な胸のうちは?

3大新連載スタート

巻頭グラビア・エッセイ 国境の島を往く(1)対馬
山本皓一(フォトジャーナリスト)



ネット論壇時評(1)「JJ」モデル・ブログ炎上の深いワケ
佐々木俊尚(ジャーナリスト)



音楽は国の響き(1)ラブ・ミー・テンダー
杉原志啓(音楽評論家)



〈集中連載〉若き世代に語る日中戦争(1)

僕が出会った気高き慰安婦たち
戦場の真実を描き続ける作家が、平成の世に伝える、若き兵士と慰安婦たちの等身大の姿
伊藤桂一(小説家・詩人) 《聞き手》野田明美





佐々淳行 インテリジェンス・アイ 62
■小手毬るい NY発エンキョリ通信 11
■西木正明 誇り高きろくでなしの時代 2
■樋口進 文藝春秋写真館 16
草野徹 気になるアメリカン・ブックス 25
■中野 翠 この世は落語 2 ■出久根達郎 言の葉のしずく
池谷伊佐夫 古本蟲がゆく 25
保阪正康 ナショナリズムの昭和 26
長部日出雄作家が読む『古事記』 3
荒川洋治 言葉と世界 85
■荒木和博 月報「北朝鮮問題」26
■紳士と淑女
SHOKUN BOOK PLAZA(新刊書評 東谷暁・三浦小太郎・田久保忠衛/本の広場)
読者諸君・編集後記