INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

フィル・バローニの首を獲れ!! 日本人の刺客はだれだ?

もうPRIDE武士道からだいぶ経ったのだが、時折、というかしょっちゅうフィル・バローニvs近藤有己を思い出しては腹を立てたりがっかりしている。
今回は他の家で観戦しただけで映像が手元にないので精神的にはよろしいが(いつまでPPVだっけ?)その分記憶で反芻しているしな。
ええい長南亮の秒殺も含め、なんともいまいましいやつだ。


前にも書いたけど、フィル・バローニは日本人80キロ級の強豪を、美濃輪育久のKOも含めて破ってはいるけど、パンチだって速いが荒いし、おそらくレスリングは出来ても寝てからのポジショニングや関節技の防御が上手いはずがない。(vs美濃輪再戦の判定負けを見よ)
だから日本人の他のウェルター級選手も十分勝てるし、例の高田のたとえでいえば今や「バローニ銀行」には長南預金と近藤預金がいっぱいだ。
さあだれが引き出すか、である。
梶原一騎風に言えば(「プロレススーパースター列伝」ブッチャー編参照)


「近頃のバローニと来たら、まるでクレイジーだ!」
「ゲイのパートナーに逃げられて、やけになってるのさ」

「しかし、実際バローニの筋肉とパワーに対抗できる選手は日本にはおらん」
「ノー、真正面から殴りあうからいかん、ディフェンスやグラウンドを駆使すれば筋肉ハンマーパンチは使えん!」
「つまりうまく打ち合いは避けて、得意のパターンにもちこめるもの・・・」

これも前に書いたとおり、第一候補は政治的なアレコレも考えて郷野聡寛を押すし、また減量をやる、と本人がいえば桜庭和志で間違いないのだが、ほかには誰がいるだろうか。

とにかくおいしい相手なんだから。考えてみよう。



美濃輪育久が「一勝一敗の決着戦」と称して三度目の対戦。
まあありそうだ。読めないといえば読めないな。今度は足関がきっちり極まってもおかしくないし、パンチを序盤に食らってもおかしくない。


菊田早苗が減量してウェルター参戦。
そもそも、その待望論が出ないのは不思議っちゃ不思議だ。トーナメントとか出れば、うまくやれば「日本人の砦」にもなり得るだろうし。


瀧本誠
うーん、投げて押さえ込めるかな。


松井大二郎
ぶんぶんぶんぶん(首を振る音)。バローニは「塩漬け」には弱いことは美濃輪第二戦で証明されているから、言うほど無茶じゃないとは思うが。打たれ強いし。


高瀬大樹
ぶんぶんぶんぶんぶんぶん(同上)。
理由も同上。ていうか、もしウェルターでやるんなら、菊田早苗とどっちが寝技が強いのか見せてほしいね。後楽園かディファ有明で。


あとマッチョ対決で桜井隆多なんかが駒か。
竹内出って、なんかさらにその下の階級というイメージがあるがここだよな。

あ、あとね、個人的には「山宮恵一郎」を押したいんだが。レスリングのバックボーンもあるし、ボクシングもそれなりの水準をこなす。高橋義生が83キロに落とせるとも思えないし。



・・・・さて、ここまでは前フリ。
前に書いたように、フィル・バローニは今や究極のメニューに選ばれてもいいぐらい「おいしい」相手になっているのだが、おいしい相手といえば、「この人」が出てきてもおかしくなかったのだ。



ここから先は未確認情報、どっかでちらっと聞いただけなんだが、

ちゃんちゃんちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃちゃ、ちゃちゃ(手拍子)、
ちゃんちゃんちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃちゃ、ちゃちゃ(手拍子)、
ちゃんちゃんちゃちゃちゃん、ちゃちゃちゃちゃ、ちゃちゃ(手拍子)、
ちゃんちゃんちゃちゃちゃん、ちゃかちゃちゃかちゃちゃちゃ、の


田村潔司フィル・バローニと闘いたいといっているらしいんだよ。
うーん、目の付け所がいい。また確かに勝てなくもなさそうなところがニクイ。


これが真実かデマかは8日発売「格闘技通信」を待て。
本日早売りを読める人は情報4649(死語)