INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

諸君!本日発売

上のエントリとつながるな。

総力特集 8・15「歴史の分岐点」に立って――

陛下、ご参拝を…!
石原慎太郎東京都知事・作家)/佐々淳行(初代内閣安全保障室長)
無縁仏になっても最後には国が祀ってくれると信じて死んだ兵士の霊に何と応えるべきか……

                                                                                                                                                              • -

一人の国民として、
一人のキリスト者として
靖國に参ります
曽野綾子(作家)
カトリック教徒が参拝なんてと非難する人がいるが、愛国心なしでは誰も生きて行けない

中曽根元総理への諫言
大勲位を返上しなさい
伊藤哲夫日本政策研究センター所長)
小泉首相への参拝中止助言も所詮は「媚中」故の妄言。晩節を汚すのもほどほどにすべきだ 救国の一灯 特別版
両陛下慰霊の旅 硫黄島サイパン――
精根を込め戦ひし人未だ……
西村眞悟衆議院議員
敵味方を問わずに慰霊される天皇皇后両陛下のお姿は、和を以って尊しの伝統そのものなり

高橋哲哉靖国問題』――<感情の錬金術>を嗤う
潮匡人(評論家)
自国の伝統宗教を誹謗しながら、一方で「神の恵み」に感謝とは。その神経はあまりに不可解


4・9上海暴虐事件 日本人留学生激白
日本領事館は“冷酷無比”だった
白木優志(元華東師範大学留学生)
反日暴行」事件を日中当局の合作で「男女関係の縺れ」に捏造された被害者が全内幕を暴露 [解説]隠蔽された「愛国暴徒」の犯罪
水谷尚子中央大学非常勤講師)
不破哲三議長は日本の金正日
萩原遼(ジャーナリスト・元「赤旗平壌特派員)
半世紀も常に奉仕した私を不当な理由で除籍とは。北朝鮮の言いなりになる日本に明日はない

特集
北東アジア・中国覇権の地政学
米・地政学の権威が予測
20XX年
中国はアメリカと激突する
ジョン・ミアシャイマーシカゴ大学教授)
[訳・解説]奥山真司(地政学研究家/レディング大学大学院在学中)
中国の膨張の危険性をいち早く指摘した米国の知性が語る、米中戦争勃発の危機回避策とは

胡錦濤の石油漁り
国益を犯す中国の「牙」
春名幹男(共同通信社特別編集委員
石油獲得のためならユノカルどころかスーダンまで買収する中国の悪の資源戦略を直視せよ

豪州から日本へ
「自由世界」を侵す「中国スパイ網」
浅川晃広(名古屋大学専任講師)
亡命中国人外交官が暴露──中共が推進する“民主国家「政治植民地」化”の謀略工作とは?
特集
白昼堂々の「歴史偽造」大行進!
サルでもわかる
日中韓歴史認識共有」の絵空事
稲垣武(ジャーナリスト)
日本の教科書に難癖をつけ教育権まで奪おうとする中・韓の走狗となる輩の何と多いことよ

「一坪反戦地主」「朝日アジアネットワーク社外委員」「教科書検定審議会委員」……
天児慧サンの「眼鏡」って何色?
星岡周二(ジャーナリスト)
つくる会」叩きに精出す「媚中派」センセイが、教科書検定に参画するとは世も末なり

官から民へ――郵政につづけ!
伏魔殿「国際協力銀行」を解体せよ
草野厚慶應義塾大学教授)
総額百兆円もの融資残高を持つ政府系金融機関。その中でも一番悪質な所にメスを入れよ!
ニセ写真でドイツ国防軍
「犯罪組織」扱いした自虐の群れ
庄司潤一郎(防衛研究所戦史部第一戦史研究室長)
残虐非道を証明する決定的証拠かと思いきや、偽造・誤用写真等続出で告発者は四苦八苦

一太郎訴訟」結審
ソフトウェアは誰のものか
佐々木俊尚(ジャーナリスト)
特許権侵害だ!」と執拗に裁判を起こしては、技術の囲い込みを図る企業の隠された狙いとは?

月報「北朝鮮問題」4
六者協議は踊る、されど進まず
荒木和博(特定失踪者問題調査会代表)
核会議で貧乏神(北朝鮮)をいくら祟めても拉致・核問題は解決不能。もう他人まかせは止めよう 新連載 古本蟲がゆく2
岡山の巨大書店で迷子になる
池谷伊佐夫イラストレーター)
ブックオフなどメじゃないマンモス店に忍び込んだ「蟲」。余りの広さに息も絶え絶え?

新連載 気になるアメリカン・ブックス2
草野徹(ジャーナリスト/在米)
ソ連崩壊も人権向上もリベラル派の政策のお陰? そんな「歴史の書き換え」を許すな

山本五十六
昭和海軍とその悲劇3
福田和也(文芸評論家・慶應大学教授)
チャーチルが大胆な「石油戦略」を打ち出した頃、山本海軍次官はオカルト的狂騒にあった

【メモ】上村幸治 サンデー毎日 全戦没者への追悼