【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

三谷幸喜、新作映画

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005071301.html

人気劇作家の三谷幸喜氏(44)=顔写真上=が、平成13年公開の「みんなのいえ」以来、4年ぶりに映画監督を務めることが12日、わかった。タイトルは「THE 有頂天ホテル」(来春公開)で、ホテルを舞台にしたリアルタイムのラブコメディー。・・・・・・ 国内映画賞を総なめにした初監督作「ラヂオの時間」、大ヒットした「みんなのいえ」に次ぐ監督作第3弾は、ホテルを舞台にしたラブコメディー。副支配人役の役所、客室係の松を中心に、ホテル関係者、ワケありの宿泊客らをさまざまな角度から描く群像劇だ。
・・・・・・2時間のリアルタイム形式で進行し、出演者全員が主人公と取れる台本は、1932年に製作され、グレタ・ガルボジョーン・クロフォードらトップスター5人がホテルを舞台に、1日半のうちに繰り広げる人間模様を描いた米映画「グランド・ホテル」から生まれた手法。三谷氏のもっとも得意とするものだ・・・

小生が「劇中時間=実際の時間」の趣向の映画に格別な思い入れがあることは前にも書いたことがある(http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20041229#p3)けど、いや日本映画では久々だ。
三谷幸喜も、新撰組!の視聴率低迷でエッセイではずいぶんへこんだ様を見せているが、自分は才能をいまだに信じている一人です。「新撰組!」、俺も見なかったけど。