INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

【恒例】「流行語大賞」について思うことは毎回同じなので再掲載

何度も書いている話なので、箇条書きにしておこう。

・「流行語大賞」、いつも感心するのは「その本来の価値に比べてメディアで扱われる機会が大きい」という点。


・選考委員ひとつとっても「センス、学問的業績、説得力」その他もろもろで、あんまり「こりゃすげーな」「このひとなら、その年の流行語を選定する能力がある」と思わせる人がいるかというと……。

21世紀の知性が集結!! これが日本の流行語を判定するベスト・アンド・ブライテストだ!!

(註:最初に書いた時の選考者がこれで、その後、多少は顔ぶれも変化してますが大同小異なのでこのままにしときます)
姜尚中東京大学名誉教授)、金田一秀穂杏林大学教授)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、俵万智歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、大塚陽子(『現代用語の基礎知識』編集長)

・それでも毎回「メディアと世間を大騒ぎさせる」その力だけは、本当にすごいと思う。


・その一方で、もともとは自由国民社の「現代用語の基礎知識」の宣伝を兼ねていたわけだけど、いま、どこのだれが「現代用語の基礎知識」を引いて新語の意味を調べているのだろう。


ウィキペディアよりくわしいとも語釈に権威があるとも思えないけど…


・というか、本当に今も出しているんだ!!とびっくり。ほんと、部数的には何部出ているの??
【問】これを読んでいるあなたは「現代用語の基礎知識」今も買ってますか?ことし、それを開いて、「この用語の意味は何だろう?」と調べたことありますか?

【募集】「現代用語の基礎知識」の近年の部数の推移について、知っている人はご教示いただければ幸いです。
2013年に、「最盛期の発行部数の4分の1になっている」という情報が出て以降、部数の推移については当方は少なくとも当方はつかんでいない。
notei.hatenablog.com


・流行語も、「検索結果」や「ツイート数」というぐうの音も出ないエビデンスをもとに…それを機械的にピックアップせよとはいわないのだけど、それをベースにしたランキングを検索サイトやSNSが発表するなかで、「流行語大賞」になんのステータスがあるのかなあ。


・たとえばtwitterトレンド大賞、YAHOOやGoogleの検索大賞のこの扱いは、【本来的に考えると】流行語大賞より上であってもいいと思うんだ。


・でも、再度言うけど、「考えてみればなんの後ろ盾もないのに、この賞に権威があること、ニュースとしての扱いが大きいこと、それ自体が一番すごい!」と、そこは感心するべきだと思います。


・年末は、1年の総まとめ的「ランキング」や「賞」がたくさん出るでしょう。まさに一番の「すごい扱いだが、なんですごい扱いになるか理由がわからない賞」であるところの流行語大賞の報道が一段落したところで、有名無名さまざまなランキングを、もう一度フラットな目で見てみたいと思います




過去の関連記事

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com

m-dojo.hatenadiary.com