INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「3月のライオン」3姉妹のお父さんは5人分のアレな人格を一人にまとめた(羽海野チカ談)

数号前のヤングアニマルに、新単行本発行か連載何回かの記念で、羽海野チカ先生のインタビュー?が載っていた(ふわっとしてる?メモし損ねたのだスマン)

あ、わかった「20号」に「本田翼」さんとの対談が載ってたんだ。

そして俺はいま検索して「本田翼」を知る。ファンにはすまぬ、ゆるせ。
ja.wikipedia.org

それはともかく。
それの印象に残った箇所はいくつか記録してあるが、ひとつだけ。

平成の漫画史上に残る稀代の悪役、ヴィランと言えるのが、「3月のライオン」の川本家を出ていった、3姉妹の実父「甘麻井戸誠二郎」氏。
どんなひとかは…
こちら参照。

甘麻井戸誠二郎(あまいど せいじろう)
演 - 伊勢谷友介
あかり・ひなた・モモの実父。
身勝手で無責任な性格であり、口が回ることからその場しのぎで話を盛り、相手を絡めとる話術を得意とする。自身の浮気が理由で美香子と離婚し、川本家とは絶縁状態となっていた。相米二が入院した直後に川本家を訪れ、新しい家族との同居を提案する。あかりたちの情に訴えかけ川本家を振り回すが、零に度々阻止され、最終的にあかりとひなたから拒絶されると「関係ない人」呼ばわりをして立ち去った。
林田や野口がネットで調べた(誠二郎本人や妻がSNSなどで自己発信していた情報をつなぎ合わせた)情報によれば、同居を提案した理由は勤務先の中古車販売店で新たな不倫騒動を起こし解雇され、家族寮の退出期限が迫っていたため。また、現在の妻が病気である一方で別の女性との不倫関係がまだ続いており、病気の妻とその間にできた娘の世話を押し付ける意図があったとされる。調べた野口や林田からは「妻子捨男(さいしすてお)」と呼ばれる。
離婚に至るときも川本家と浮気相手の家庭に対して異なる内容を伝えており、あかりからは、話を盛り続けることでそれが真実だと自分自身で思い込んでしまう人物だと言われている。美咲の語りによると、最初は優しく真面目な人柄だったが一度躓くと精神的に脆く、塾講師として働いていたが保護者と揉めて突然退職を決め、その後は三日月堂の手伝いをするが続かず外に出ていくようになり、最終的に浮気に至ったとされる。
3月のライオン - Wikipedia



で、このひとの人物造形に関してなんだが、先生は対談でこう語っている。

f:id:gryphon:20211217020752j:plain
3月のライオン」川本家の元父親は5人の男を錬成したという

・この父親像は、自分の人生で知った5人の男を集めて造形した。
・それぞれ自分の友人と付き合った人だったり、夫だったり、親だったりしたひとだが、その振る舞いを見て「私の大切な友人によくも…いつか描いてやる!」と思っていた
・描きながら「これはあの子のぶん! これはその子のぶん!」とケンシロウばりに怒りを込めて描き、少しはすっきりした、
……という。

うーーーーーーーーーーーーむ。
にしても、羽海野チカと言えば、その人物描写力のすさまじさに、漫画家仲間が恐怖に震える「漫画界のヒョードル」であったはずだ。

m-dojo.hatenadiary.com

そのひとが、実社会で(そのクズぶりに?)目を付けた5人をひとまとめにして、くつくつとエピソードや生活を煮込んで、溶かして、それを鋳型に入れてひとつのキャラクターにまとめる……

その人物のまがまがしさが、平成漫画史に残るヴィランとして立ち上がるのも、
あまりにも当然だよな、と納得させられたもんでした。

映画では、このひとが演じたそうで。